macbook 12インチを3週間ほど使ってみた感想

USB端子がもう一つあったらなー・・と最初は思っていたのですが、これが意外と不便ではないことに気が付いちゃいました。

考えてみたらこれまで MacBook Pro に差していたケーブルとかUSB機器って・・
・電源ケーブル(magsafe)
・HDMIケーブル
・USBストレージ
・Lightningケーブル(→iPhone)
多くてもこれだけ。(しかもほとんどは電源とディスプレイだけ接続してる)
これらは全てusb-cにアダプタを一つ挿せば対応可能なのです。

こんなやつ

macbookを持ち出す際はこのアダプタをmacbookから引き抜いて終わり。
基本的にこのアダプタは必要な機器を接続したままお留守番です。
帰って作業の続きをする際にもアダプタを一つ挿すだけで準備完了!
すっごくシンプル!

MBPでは右から左からケーブルが何本も伸びていてちょっとカッコ悪かったのですが、macbookなら1本だけ!
さらにmacbookとアダプタの間に延長ケーブルを入れればよりスッキリとしたデスク周りになりますね。

毎回アダプタから全てのケーブルを抜いてアダプタごと持ち歩くのであれば確かに面倒かもしれないけど、実際にはそんな事はしないんだよね。
外出時にはUSB-C→USB-A変換アダプタを一つ持って行けばほとんどの場合は大丈夫だし、もし出先で外部ディスプレイを使いたいのであれば別途コンパクトなHDMI変換アダプタを用意しとけばいいし。

困るシチュエーションというのも希にあるとは思うんですけど、ほとんどの場合は問題無い気がするなー
このへんも使ってみて分かるアップル製品の良さって事かな?
モバイルバッテリーから充電出来るってのもステキなポイントです。

Macbook 12inch early 2016 ・・買っちゃった!

去年からずーっと欲しかった MacBook 12inch、とうとう買っちゃいました。
もちろん Early 2016 です。

グレードは凄く迷いましたが一番下の1.1GHz。
普段は MacBook Pro Retina(13inch)を使ってるので、サブ機として使う予定です。

実際使ってみるとXcodeでのビルド、Lightroomでの現像も自分が撮影するくらいの枚数ならスムーズです。
もちろんmbpと比べると確かに遅いのですが十分に実用的なレベルで動いてくれます。

使い始めて1週間で感じた良い点、悪い点
良い点

  • Ratinaディスプレイ
    凄く綺麗! 比率が16対10ってのも良いです。
  • トラックパッド
    擬似的にクリック感を出しているのですが、これが大変小気味好く使いやすいです。
  • 軽い!
    もっと軽いノートパソコンはもちろんあるのですが、それでもやはり軽いと感じます。
    mbp13と比べると全然違います。
    これくらい軽いと持ち運ぶのが苦になりませんね。

悪い点

  • やはりもう一つだけUSB-Cを付けてほしかった
    イヤホン端子はこの際いらない。
  • 重い処理はやはり苦手
    少し大きなscalaプロジェクトをビルドしようと思っているのであれば止めた方がいいです。
     (まぁ、macbook proでも重いのですけど。)

まだ1週間なので実際の使用感はこれからって感じですが、今の感想は「買ってよかった」です。

噂のUSB-Cポート
20160505_macbook1
ご存じのようにmacbookにはusb-cが一つだけ備わっています。
どうしようも無くなるかと思っていたのですが、意外となんとかなるものです。
そもそも普段使いではあまり使わないかも??
とはいってももう一つUSB-Cが付いていたら嬉しかったのは間違いないですね。
あと、差すのはスムーズなのですが、抜きにくいです。

これも噂の薄っすいキーボード
20160505_macbook2
確かに最初は違和感(薄さ、硬さ)がありますが、1週間もすれば全然問題なく打てます。
余り気にする必要は無いと思いますよ。

 

Macbook proと重ねてみましたが、やはり薄いです。
20160505_macbook3

  

今までmacbook proで行っていた作業を少しずつこの新マシンに移していこうと思っています。
この軽さを知ってしまったからには proは持ち運びたくなくなっちゃいました。