第32回 金沢ロードレース (2017)

今年も参加してきました、金沢ロードレース。

一昨年は自分の最初のレースとして挑み、無事完走。
去年は「能登和倉万葉の里マラソン」の疲れが残ったまま走ったのですが1時間32分と自己ベスト。
相性の良いレースだと思っています。
なので今年は和倉を回避してベスト更新するぞ!と挑むつもりだったのですが、1月から仕事が鬼のように忙しく思うように走れていません。(月間100km程度・・涙)
体重もベストより+2kgとかなりヤバメ!

この状況ではベスト更新は無理だと諦めて「90分」で走りたいと目標を下方修正です。

当日はかなり早めに会場入りしたのですが、すでにランナーで混み合っています。
なんだか年々ランナーの動きだしが早くなっている気がします。

ゼッケンと記念シャツを受け取り「どんなピンクやねん!」とぶつくさ文句を言いながらスタートに向け準備。

会場の外周を2キロほど走りアップ。
スタート30分前にエネルギーとBCAAを補給して準備完了。

10分前に整列しましたが、結構後ろになってしまいました。
こんな時、ずけずけと前に行けるおばちゃんランナーの強いハートが欲しい・・

号砲が鳴りスタート。
毎年の事ですが、スタート位置がイマイチわからず。。これ何とかならないもんですかね?

結構後ろからのスタートでしたので会場を出る前になるべく飛ばします。(会場出てしばらくは混雑&コースが狭いのでなかなか抜かせず前に出れないのです)
あまり走れていないだけに疲れが溜まっていないからなのか、足が軽い!

会場の周りを周回した後は西インターを超え入江に向かいます。
ペースは4:15/kmをキープ。
無理はしません。

金石街道を海側へ向かい、海側環状に入ります。
毎年ここがキツイ。
向かい風が行く手を阻み、緩やかではありますがコース一番の坂でどうしてもペースが落ちてしまいます。
疲れが出てくるタイミングってのもあります。

ここでいつも自分に立ちはだかるライバルN氏を発見。
結構バテてきているみたいです。フォームがしんどそう。
これは勝つチャンス!
やんわりペースを上げ、一言かけてサッと抜いてやりました!
さぞ悔しかった事でしょう。(ニヤリ

海側環状を抜けると後は住宅街を駆け抜けます。
ここからはジャマな向かい風から解放されるのと、もうひと頑張りでゴールという気持からさらにペースアップ。

もう少しで西部緑地公園という所で知り合いのおっちゃんが声をかけてくれました
「いい位置におるぞ!がんばれー」
終盤での応援は力になりますね。

公園の外周まできたところでラストスパートです。
3:50/km程度まで上げました。

外の最後のストレートを抜け、トラックへ。
ゲストの青木愛さんとハイタッチするぞ〜!

このコースはトラックで最後1週してからゴールなのですが、今年はえらく混んでいました。
10kmコースのランナーがぞろぞろと・・
混むのはしょうがないんですけど、数名で話しながら走りコースをふさぐのはヤメて(涙

さらに、今回は衝突事故に遭いました。
目の前を走っていたランナーがコース内側から飛んできた「何か」を拾って自分の前で係員に渡そうとしたんです。
急だったもので避けきれずぶつかってしまいました。
うーん。何だかなぁ。

あと、青木愛さんはどこ?ハイタッチは??(笑

気をとりなおして最後の1週。
全力です!

ゴールして、タイムは?
・・・「1時間28分24秒」

ベストには届きませんでしたが、今の調子からすれば出来過ぎです!
あー疲れた!

軽く着替えを済ませ、メッタ汁を頂きながら閉会式へ。
表彰台に上る皆さんの笑顔がいいですね。
東京マラソンへの切符を手にいれた方々、おめでとうございます。

青木愛さんも可愛いかったです。

今回のレースは「なんだかんだ走力は上がってるんだな」と実感しました。
走れない日々が続いていたのでやる気も落ちまくりでしたが、がぜん湧いてきましたよ!
さて、練習時間、なんとかせねば・・

「第37回 能楽の里 池田マラソン」・・ついに90分切り達成!

秋のレースシーズン始まりましたね。

今年は百万石マラソンを回避して(エントリー忘れw)、福井県の池田町で行われた「第37回 能楽の里 池田マラソン」に参加してきました。
ランニング3年目シーズンの最初のレース。
この2年間の努力をバシッ!とぶつけようと気合を入れて臨みます。
この夏に行った坂道トレーニング(とプロテイン)の効果が出たらいいな〜

会場となる「能楽の里文化交流会館」は高速道路を使って金沢から1時間45分ほど。
こじんまりとした大会なので急ぐ必要もないとは思いましたが、朝の6:00に自宅を出ました。

会場に到着したのですが駐車場への誘導が分からず、ちょっと手間取りながら7:30に現地入り。
かなり強い雨が降っています(TT

少し車で待っていると参加者が続々と集まってきました。とはいえハーフの部は男女で300名ほど、少ないですね。

受付を済ませゼッケンをシャツに付けようとしたら、なんと”ランチップ”が!
去年までは手計測だったのですが、今年から自動計測になったみたいです。
これは安心。
完走証も以前は後日送付されていたのですが、今年からはその場で完走証を発行してくれます。
池田町頑張った!!

ラン友さんを見つけ談笑していると雨が止んでくれました。
ここぞとばかりにアップ開始!
前日の睡眠不足でちょっと身体がダルいかなー?
ビールの飲み過ぎでちょっと体が重いかな〜?(汗

スタート30分前にエネルギーゼリーとBCAAを補給。
普段ならこの時点でスタート地点に向かうのですが、こじんまりした大会なので混雑しないだろうと思い10分前にスタート地点へ。
まぁ、中盤位でスタートを待ちますが、人数が少ないので特に混雑したりはしない気がする。
(かなり隙間があるので先頭まで行けてしまうけど。。)

コースは非常にのどかな川沿いの田園地帯です。
会場から川沿いを登って山道に入り折り返し。
折り返しまでは軽い登りで、それを下ってくる感じのコースです。
折り返しの前後だけキツめの坂があります。
レースプランは前半は4:20/kmで粘り、後半を4:10/kmで駆け下り、あわよくば90分切りを狙っています。

整列してほどなくスタート!
前半はプラン通りに粘りの走り。決して無理に飛ばしません。
昨年の百万石ロードの教訓です。

どんよりした曇り空なので景色が今ひとつ楽しめませんが、天候が良かったら気持ち良いコースだなと感じました。
川も清流って感じなんだろな〜(当日は濁りまくってましたがw)

折返しの前後2kmほどの坂はやはりキツイです。
おばちゃん達、地元中学生の声援を力にして、そして夏場に行ったキツイ坂道トレーニングを思い出しながら登り切ります。

坂道を登りきるとすぐに折り返し。
折り返し後はゴールまで一気に下ります。
ある意味ここからが勝負です。

前半無理をしなかった分だけ足が残っています。
予定では4:10/kmでしたが、坂と体に任せて飛ばしていきます。
おそらく折り返しからしばらくは3:50/km程度で走っていました。

少し平坦になったところで落ち着いて4:05/kmほどで巡航。
足は十分残っている感覚。このまま行けば90分切れるかな〜と淡い期待!

ラストの2kmでスパートをかけます。

これまでずっと後ろを付いてきていたランナーを振り切り、ゴール目指して一直線です。

会場近くになるとさすがにキツくなって来ましたが、目の前のゴール目指して最後の力を振り絞ります。

最終コーナーを曲がって、すぐにゴール!!

タイムは?
1時間27分12秒

やった!
ついにやりました。90分切りです。
しかも結構な勢いで切ってやりました(笑

ありがとう。
応援してくれたおばあちゃん達、中学生のみんな。

ありがとう。
この大会を37回も運営してくれているスタッフの皆さん。

ありがとう。
練習に付き合ってくれたメンバーの方々。

そして、ありがとう俺。
頑張ったな!

さて、次は金沢マラソン!
頑張ろう!

総評

  • ランナーズチップでの計測となって安心!!
  • おばちゃんたちの声援が嬉しい
  • 中学生がいい子っぽい!(「おはようございます!」と元気な挨拶が気持ち良い)
  • ゴール前の応援が熱い!(最後まで中学生達のあつい応援があります!)
  • 高低差は130mほど、累積でも220mほどの登りなので自分のように坂が苦手な人は少し厳しいコースかも?(ちなみに百万石ロードレースは高低差134m、累積で175mほど。斜度は百万石の方がキツく感じます)
  • トイレ(個室)はちょっと足らない気がする。
  • 駐車場の案内をもう少し分かりやすくしてくれたら嬉しい。
  • 坂道トレーニングはやはり有効
  • プロテインもやはり効果があるのだと思う

コース図(拾い物)

https://www.google.com/maps/d/u/0/viewer?mid=1XrrOGUPplzD0zG–TJ0-dxhe–4&hl=ja

第52回 大野名水マラソン・・惨敗!

5月22日に福井県まで遠征、大野名水マラソンへ出走してきました。

当日は最高気温27度。雲一つない快晴!・・うーん、暑い!
大野名水マラソン
日差しがビシビシ肌に刺さります。

会場は大野市役所に隣接する広場で、参加者に対しては十分なスペースが確保されています。
また、トイレも市役所のトイレが利用できますので、そんなに待たなくても大丈夫でした。
(入り口付近のトイレは混んでいますので、奥の方へ行かれた方が良いですよ)

ゲストはエリック・ワイナイナ
見えにくいけど、確かに写っています!
エリック・ワイナイナ

 
さて、なんやかんやしてたらスタートなのですが、ここで大失敗!
スタート20分前になってもスタート位置に人が集まっていなかったので、のんびりしていたのですが、実は選手集合場所が別にあって、そこへ整列してからスタート位置に移動する方式だったのです。
選手集合場所には既に人が一杯並んでおり、前へ割り込むのも気が引けましたので、かなり後方からのスタートとなってしまいました。。

そんな状況でしたので最初の1kmはダンゴ状態でかなり窮屈に走っていました。

2kmほどの所でようやくダンゴから抜け出し、ペースを上げていきますが、、あれ?体が重い。。
木曜日にスピード練習したのがダメだったのか・・筋肉が張っています。
それとやはり暑い!キツい!
全然ペースが上がりません。
そもそも坂道が極端に苦手なのですが、今回のコースは前半は緩やかな登りが続きますのでそれもペースを上げられない要因だったのかも?
そんなこんなで、最初の5km時点でタイム狙いを諦めました・・なんとか完走だけでもしたい。

のどかな風景を照らす灼熱の太陽がじりじりと体力を奪って行きます。

10km地点のブラスバンド隊の応援を後押しに折り返し地点へ。
折り返し後はこれまでのコースをそのまま戻ります。
ですので中間点以降は基本的に下り、さぁここから頑張るぞ!・・と思ったのですが暑さでペースがあがりません。

給水所で水を飲み過ぎたのか、おなかも痛くなってきました(TT
ダメ過ぎる!(白目

目標より40秒以上遅いペース。
脇腹を押さえながら大野の市街地をなんとか走り抜け、ようやくゴール!

タイムはネットで1時間37分11秒
前回の金沢ロードレースより5分ほど遅くなってしまいました(TT

暑かった!・・というのは確かにあると思うのですが、当日に向けたコンディション作りの失敗と坂道への弱さ。まだまだですね。
・木曜日にスピード練習したら当日までに疲れが抜けず、筋肉が張ってしまっててダメ
・ちょっとした坂道でペースダウンしてしまう筋力の無さ
・スグにめげる心ww
あかん・・・ダメ過ぎる!(笑

自分としては残念な結果に終わってしまったのですが、大会自身は素晴らしいものでした。
シャトルバスも受付もスムーズ。
子供たちがテキパキと働いてくれていて気持ちよくレースに望めましたし、銘水もおいしかったです。
新しくキレイな市役所が会場なのもポイント高いですね。
沿道から声援を送って下さった皆様も暑いなか大変だったと思います、ありがとうございました。

暑さという辛さはありますが、”楽しむ”という点では大変お勧めな大会でした。

第31回 金沢ロードレース

思い返せば1年前、この金沢ロードレースが自分の最初のレースでした。
そのときのタイムは1:47:20
1年間の頑張りがどれくらい出せるか、期末試験みたいな気持ちです(^^

前回はとりえず”完走”を目指していましたが、今回はタイムをちゃんと狙います。
そのための準備はしてきたつもりだったのですが・・・先週の和倉万葉マラソンで使った筋肉がまだ痛い(苦笑
今思い返してもあの坂・・きつかったです(TT

まぁ、和倉万葉に出てからから金沢ロードって人は山ほどいると思うので、言い訳には出来ません。

この状況でベストを尽くす。そんな気持ちで挑みました。

ちょっと早めに会場入りしてラン友のみなさんにご挨拶がてら声をかけます。
みんなやはり和倉の疲れが残ってるみたいですね(苦笑
 

スタート時、前回は中盤くらいからのスタートだったのですが、ダンゴ状態を抜けるのに時間が掛かってしまったので今回は思い切って前にいきます。
金港堂のbossが近くにいたのでかなりの場違い度でしたが、気にしなーい(笑

 

スタートしてみると、やはり速い!!
前の方からスタートされる方は皆さんかなりのペースで走るので気持ちよく走れます。
抜かし、抜かされですが、前回のようなダンゴで前に出られないような状況はほとんどありませんでした。
 

しかし、最初の10kmはキツかったです。
太ももの後ろ側の筋肉がいきなりキツくて、全然蹴れません!(TT
なんとか違う筋肉を使って走っていきますが、ちょっとめげそうでした。

でもそこからなぜか調子が上がってきました。
さっきまでキツかった筋肉が動きだし、ペースも自然とあがります。
体って不思議ですね!

残り3kmでさらにちょっとペースを上げてみました。
ゴールまで持つか不安でしたけど、今回はタイム狙いです。頑張ります。

沿道で応援してくれた方々の声援を受け、力を振り絞って前に進みます。

会場に戻ってトラックを1週して・・ゴール!

タイムは?
手元の時計で 1:32:00

ベストタイム更新です!

練習はちゃんと応えてくれますね。
来年は今年より速くなっているように頑張りますよ。

第62回 松任ロードレース (ハーフ)

金沢マラソンへ向けて、調整の一環として松任ロードレース(ハーフの部)に出走してきました。

このレース、ランネットとかに出ておらず存在すら知りませんでしたが、ラン友さんが参加してるのを見て急遽参加!
ホントにギリギリで参加出来ました。

当日、会場である松任陸自競技場に着くと、マラソン大会当日とは思えない人の少なさ(笑)
うん、いいね!逆に。

参加者の少なさ(ハーフで220人弱!)ゆえに、駐車場、トイレ、受付、いずれも大変スムーズです。
ストレスフリーです。

ゼッケンを付けたりオヤツを食べてたりラン友さんと談笑してたりしてたら、すぐにスタート時間になったのですが、スタート位置に付いても人が少ない!
いつもならなるべく前の方に行きますが、これだけ少なかったら無理して前に行かなくても良さそうです。
最後尾近くからのスタートとしました。

実は今回のレース、直前に足首を捻ってしまって出走・完走が難しいと思っていたんですけど、スタート直後に感じた体の軽さ!
たまーに感じるこの感覚に身を任せてスピードを上げます。
普段だと完全にオーバーペースだと思うのですが、なぜか走れます。
気持ちいいー!w
 

この大会のコースなのですが、正直なところ見所が全くありません!(苦笑)
このブログでお伝えしようと思って、何か特徴的な場所を探しつつ走ったんですが、、、ありません!(強調)
特に何もなく折り返し地点です。
そして、折り返し後は全く同じコースを帰ります。
見所がありません!(再強調)

この見所のないコースですが、一方で高低差が少ないフラットなコースでもあります。
速い人には物足りないのかもしれないですが、気持ち良くハイペースで走れます。
そのため中間地点でプライベートベストの更新を確信していました。

・・・特に何もお伝えすることなく(!?)ゴールしたんですが、気になるタイムは手持ちのネットタイムで1:34:04 !
PBを5分弱更新することができました!

それもこれも、このコースのおかげです。
見所無いなんて言ってすいませんでした!!
強烈な見所があります!
「ゴールした時のタイム!」
これ!このコースの見所です。
時期の良さとも相まって、かなりのタイムが期待できると思いますよ。

近県の方には大変オススメな大会です。
多分来年も出ますよ!

金沢百万石ロードレース2015

金沢マラソンへの調整を兼ねて、百万石ロードレース(ハーフ)に出走してきました。

このレースの評判を聞くと、

– 坂がキツい!
– 途中でメゲる!
– エイドがショボい!
– 次回どうするって?出ねーよ!

・・・ 誰か良いとこ言いなよ〜(笑)

一抹の不安を覚えながら、レース当日。
ちょっと早めに現地入りしたんっですけど、ゼッケン付けたり、オヤツ食べたり、アップしてたらすぐにスタート時間です。

スタート地点に向かうとすでに多くの方が並んでいます。
すいませんと思いながら、前よりに割り込ませて頂きました。
ここで後ろの方だとかなりのロスになっちゃいますからね。

8:00にスタート!
会場の周囲を一周回って、兼六園下、そこから広坂を抜けて山方面に向かって走ります。

最初は平坦で走りやすいです。
スタート直後の混雑も1km位で収まってきたので、気持ち良く飛ばします。
いつもはこの混雑を抜けるのに手間取るので、1kmで抜けれたのは良かったですね。

4キロ位からでしょうか、緩やかな坂道が続きます。
まぁ、これ位の坂なら余裕です。
気にせずグイグイ行きます。

「事前に聞いてた噂の坂も、ちょっと言い過ぎだよねー(笑)」
・・・・この時はそう思っていたのでした・・

8キロ位で急に勾配がキツくなり、みんな一様にペースダウン。
自分はなるべく持ちこたえようと踏ん張ります。
そんなおり、自分の前を走っていた先輩ランナー(いつも100分切るラン友さんです)が急に後退してきました。
どうやら脚が止まってしまったようです。
「ヨシ、今回のレースは勝った!w」
先輩ランナーの横を満面の笑顔(やせ我慢)で抜かさせて頂きました。(笑)

と、まぁ、、ここまでは割と順調でしたが・・・
そのうち・・
「あれ?この坂、長くない?」
「どこまで続くの?」
コースに不安を感じ始めたら、なんとなく脚も重くなってきました。
特に太ももの後ろ側が張ってきている気がします。
ん?あれ?最後まで持つのかコレ?

12kmの折り返し地点手間で、坂が一気にキツくなります。
筋肉が悲鳴をあげてます。

4kmから12kmまでずーっと登り坂だとか…(苦笑)
先輩方の言ってた事がようやく分かりました。
坂キツい!
なに?この坂!?

折り返し後は下り坂、登りのロスをなんとか取り戻そうとペースを上げますが、、
1、2km下ったところでしょうか?体に異変が起こります。
脚が前にでません( T_T)
さらにはチョットした吐き気も。。
これはヤバい!

なんとか堪えて走っていたら、勝手にライバル認定してるラン友さんにサッと抜かれました。
・・・ 追う気力も残ってません。あー、今回は負けです。

この辺りから、もしかしたら完走出来ないかも。。と不安になってきました。
初めてのDNFか!?
えーそれだけは嫌だ!
気合いで何とか脚を進めます。少しでも進めばいつかはゴールなのですから!

前向きな考えを持った矢先、17km地点頃でしょうか、キツい登り坂が!
これ、挫けます!
なんなの?このコース (;´༎ຶД༎ຶ`)

最後に涌波の坂を下り、小立野の大通りを意識朦朧としながらゴールにむけて脚を進めます。
ゴール近くでラン友さん達が声援を送ってくれてましたけど、なんともミットモナイ姿だったと思います。

兼六園上の交差点を左折して、ゴールの本多の森公園が見えました。
最後はスパートする力もなく、ヨロヨロでゴール!

しんどかった!

タイムはグロスで1時間44分
前回より5分ほど落としてしまいました。

前半の坂で飛ばし過ぎた!
・・ってのもあるかも知れません(いや、それが主因だと思うけど)が、キツいコースですよこのレース。

んで、さらに足切りも厳しいです。
6分/kmで走ってたら関門に掛かっちゃいますからね。
ラン友さんも数名関門を超えられませんでした。

楽しいハズの市民レースなんですから、もう少し(あと10分)伸ばして欲しいもんですね。

来年どうするって?

もう出ねーよ!(笑)


高低差
スクリーンショット 2015-10-04 18.27.02
こうやって見ると大した事ないんだけどなぁ。。(T_T

コース図

坂井市 古城マラソン完走 – ついに100分切り!

5月7日、坂井市古城マラソンに出走してきました。
私にとって2回目のレースです。

 
天候は3日前までは最高気温30度(!)の予報が出ていましたが、
当日の最高気温は25度、暑かったですがなんとか走れる気温となりました。
これには本当にホッとしました。
30度の予報を見たときは記録を諦め、とりあえず完走を目標にしようと思いましたからね。。
 

金沢から現地の丸岡城までは下道で1時間40分程、会場そばの駐車場に駐めたかったので自宅を4時に出発しました。
現地に5時30分頃に到着、予定通り一番近くの駐車場に駐める事ができました。
ただ、その時点で第1駐車場は結構満杯、5時45分頃には満車になったようです。
(第2駐車場はその後もしばらく大丈夫だったようです)
 

まだ受付も開始されていませんでしたので、会場付近をぶらぶら散策。
トイレの位置やスタートラインなどを確認していました。
これ、実は2日ほど便秘で。。レース前に「出てくれ!」と願いながらの散歩でした(^^;;
(結局出てくれませんでしたけど。。)

 

さて、そんな事している間に受付が開始されたので、受付を済まして記念品を受け取りました。
このレースは記念品を4種類から選べるのですが、私が選んだ記念品はバスタオル。
他にはランニングキャップやキュック、ポンチョが選べます。
(ラン友がリュックを選んだのですが、少しサイズが大きくて細身の男性や女性には合わないようでした。)
 

合流したラン友とおしゃべりしながら準備を進めます。
今回は7時におはぎを一つ、7:30頃にバームクーヘンを食べました。

8時に最後の補給(BCAA)を行い、手荷物を預けてスタートラインに。
すでに多くの人が並んでいましたが、なんとか前の方に割り込ませてもらいました。
周りの人がなんとも速そうで、「前に来すぎたか?」とも思いましたが、逆に最初から飛ばす決心がつきました。

ただ、、その時点で暑かったです。
額や首筋にはすでに汗が浮かんでいました。
この日差しにはちょっと焦りましたね(^^;
 
 

8時30分、ついにスタート!

やはり周りのペースが速い!
今回、私が目標としていたタイムは1時間45分でしたので、4:58/kmで走りきれば達成できます。
ですので、4:50/kmペースで行こうと考えていたのですが、この時のペースは4:20/km!
ちょっと無謀かと思いましたが、なんとかついて行きます!
 

少し走ったところでランナーもバラけ、ペースも4:30/km程に落ち着いてきました。
給水所で頭から水を被り、気合を入れます。
 

6kmの折り返し地点前後で第1の急坂が襲いかかってきました。
kojyo_saka_2015_1

最初から飛ばしていたのでこの坂はキツイ!
ペースは一気に4:50/km程にダウン。
折り返し後は一旦下ったのですが、その後はしばらく登り基調が続きました。
 

実は今回、コース図は見ていましたが高低差を確認していませんでした。
なんとなく、海沿いの方に向かったコースなので平坦だろう、、と勝手に思い込んでいましたが、これが大間違い!
(私にとっては)かなりの急坂コースでした。

特にキツかったのが8〜9km付近の急坂×2
kojyo_saka_2015_2
一つ目の坂を登りきって、脚と心臓が回復していない所にさらにキツイ坂が襲ってきます。
2つ目の坂の目の前にして思わず「うわっ!マジか。。」と声が出てしまいました(苦笑

で、この時ふと今回のコース図が思い出されました。
この古城マラソンは往復コースなのです!
ということは、、「まさか、これを往復で走るってことか!?」
絶望が脳裏によぎりました(大げさ!
 

うん、多分それは私の思い違い。帰りはきっと脇道にそれて、この坂は通らないよ(Hahaha
と、楽観的な考えに切り替え、その後の下り坂、開けた平坦な農道を走ります。

この辺りは見晴らしが良く、大変気持ち良く走れました。
鳴り物で応援してくださる方や、小さな子供達、遠くから掛けて頂いた声も大変励みになりました。
住民の方々、ありがとうございます。
 

しかし、、「あぁ、こんなコースがゴールまで続けば良いのに」との期待を打ち砕くように、15km前後でコースは再び先ほどの急坂に向かって行きます。

急坂を目の前にして
「これはアカン」
後ろで走っていた人から呻き声が聞こえました。
自分もまったく同意です。
きっとコース設計者はドSなんでしょう。
(あとで確認したらこの時のペースは5:00/kmまで落ちていました)
 
しかし、坂を越えたらあとは下り基調がゴールまで続くはずです。
それだけを希望になんとか坂を越えます。

ここで時計を確認すると、残り5キロで1時間15分程でした。(たぶん)
このまま行けば100分切りいけるかも!?
急に欲が湧いてきました。念願の100分切りが目の前なのです。
給水所で脚と頭に水を掛け、最後の気合を入れます。
なんとか保ってくれ、俺の脚!
 
 

この辺からは市街地になってきますので応援も賑やかになってきました。
応援されていると力が出ますね。
そのおかげか最後の5kmは4:35/kmで走りました。

 

最後のコーナーを抜け、ついにゴール!!
記録は!?
グロスで1時間39分14秒!
手元の時計ではかったネットタイムは1時間38分59秒でした。
ついにハーフマラソンで100分切り!!

 
 

ここ数ヶ月、練習でのタイムが伸びずにモヤモヤしていましたが、一気に吹き飛びました。
やっぱり記録が伸びると嬉しいですね。
走り始めて9ヶ月半、がんばってきた甲斐がありました。
練習に付き合ってくれたラン友の皆さんに感謝。

 
 

坂井市古城マラソン、良い大会でした。
参加して本当に良かったです。
参加費が2500円とリーズナブルなのに給水所も沢山あり、記念品も選べます。
運営もスムーズでしっかりしていました。
(この参加費で大丈夫なの?と心配になります)
 

スタッフの皆様、応援してくださった地元の皆さん、良い大会に参加させて頂いてありがとうございました。
うどんも美味しかったです。