練習用シューズを新調 2代目 boston BOOST

練習用に履いていたadiZERO boston BOOST。正確には記録していないけど3000km以上、もしかすると4000kmは走っているかもしれない。
流石に色々とヘタってきたので2代目のboston boostを購入してみた。

デザインはなんだか落ち着いたイメージで、好印象。
普通のスニーカーに寄せてきた?

履いてみて、最初に気づいたのは足入れのしやすさ。
かかとの素材が違うのか、デザインによるものなのか分からないが、気持ちよく足が入る。
多くのランニングシューズでは足入れに手こずる事が多かったのでこれは嬉しい。

もう一つ、先代では足先には補強材があったのですが、これがなくなっている。
この部分が小指とか親指に当たって、痛い思いをすることがあるんですが、このbostonでは気にしなくて良さそう。

↓これが先代のBOSTON。汚くてスイマセン

ちなみに重さは片足で216gでした(サイズは25.5cm)
 

走ってみると、アッパー全体のホールド感が程よく、気持ちが良い。
足入れしやすかっただけに、ちょっと心配していた踵のホールド感も十分で、極端なスピード練習でもなければ不安定になることはなさそう。
ソールについてはボロボロになった先代とは比較できるものではないが、程よい柔らかさと反発力で小気味よく足が進む。

「boostフォームってこんな感じだったんだなー」と良さを再認識。
これ履いてバリバリ練習しよう!

やはり自分にはアディダスのシューズが合っているように思う。
japan boostにしてもtakumi renにしても、いずれも走りやすい。

※一方で最近流行りのOnのシューズは全く合わない。デザインに惚れてcloud rushを購入してみたのだが、悪いところをあげたら切りがないほど(自分にとっては)ダメだった。