RouteDesigner ver1.8

ランニングルート作成アプリ「RouteDesigner」(ルートデザイナー)のver1.8をappleに提出しました。

このバージョンではメモの色を選択できるようになりました。

こんな感じです↓

20150818_01

休憩ポイントやトイレ、コンビニなどのメモに活用してください。

RouteDesigner ver1.5

ジョギングコース作成アプリ「RouteDesigner」のver1.5が公開されました。

このバージョンではマップ上に任意のメモを記入できるようになりました。

– メモを追加する方法 –

追加したい場所に画面中央のカーソルを合わせて下記のアイコンをタップします。
20150728_01

こんな入力画面が出ますのでタイトルと必要があれば補足メモを入力します。
20150728_02

で、保存をタップするとこんな感じで地図上に表示されます。
20150728_03

ランニングイベントの集合場所や休憩ポイント、トイレの場所・・などなど便利に使って頂けると思います。
KML出力時にも反映されますので他のメンバーにコースを知らせる時にも便利ですよ。

AppStoreはこちら

RouteDesigner ver1.4

RouteDesigner ver1.4が公開されました!

AppStoreはこちら

このバージョンでの新機能は次の通りです

中間通過点の追加・削除
ルート中間の通過点を追加したり削除できるようになりました。
 

追加する場合にはピンを選択してから下図のアイコンをタップします。
(※一部に次期バージョンのアイコンが表示されていますが、気にしないで!)
routedesigner_20150715_1

すると、、
routedesigner_20150715_2
ピンが手前(スタート側)に挿入されます。
 

 

削除する場合は下図の×ボタンをタップしてください。
routedesigner_20150715_3

 
 
今回の機能追加でルートの調整や細かいルート設定が簡単に行えるようになりました。
是非使ってみてください。

RouteDesigner ver1.3

RouteDesigner ver1.3が公開されました!

AppStoreはこちら

このバージョンでの新機能は次の通りです

距離マーカーの表示に対応
一定の距離毎にマーカーを表示できるようになりました。

routedesigner_20150708_1

この機能は設定画面で変更できます。

routedesigner_20150708_2

RouteDesigner ver1.2

RouteDesigner ver1.2が公開されました!

AppStoreはこちら

このバージョンでの新機能は次の通りです

KMLファイルのインポートに対応
iOS標準のメールアプリ等でKML形式のファイルを開いた時にRouteDesignerを選択できるようになりました。
ルートラボやGoogleMAP等で作成されたKMLファイル、KMZファイルを直接インポートできます。
(KMZからはルート情報のインポートに対応しています。画像等のインポートには対応しておりません)

地図上のピンにスタートとゴールを表示
ピンにスタート地点とゴール地点を示すマーカーを表示するようになりました。

KMLの出力に加え、KML・KMZの表示にも対応したことで、ますます便利に使っていただけるのではないかと思います。

 

KMLファイル、KMZファイルの開き方

(標準メーラーの例)

1.標準メーラーでKMLファイルを受け取り、添付ファイルをロングタップします。
routedesigner_20160620_1

2.するとこんなアクションシートが表示されるのでRouteDesignerを選択します。
routedesigner_20160620_2

3.KMLファイルの内容が表示されます。
routedesigner_20160620_3
 

標準メーラー以外でも、「ファイルを他のアプリで開く」事ができるアプリであれば大抵は大丈夫です。
↓このようなアイコンからKMLファイルを開いてみて下さい。
routedesigner_20160620_4

RouteDesigner ver1.1

ver1.1が公開されました。

このバージョンでの新機能は次の通りです
・KMLファイルの出力機能実装!
・ブックマーク一覧に距離を表示
・ブックマークの初期名称に住所を表示
・設定画面、ブックマーク一覧、検索画面等のデザインを改善

KML出力機能によりRouteDesignerで作成したコースをカシミール3DやGoogleMaps、ルートラボなどでインポートできるようになります。
練習会を主催される方には特に便利な機能ではないかと思います。

AppStoreはこちら

– 既知の不具合 –
・山中など詳細な住所が取得できない場所をブックマークに登録しようとすると異常終了してしまいます。
 (→申し訳ないです。次バージョンで対応します)

ランニングコース作成アプリをリリース

ランニングコース作成アプリ「RouteDesigner」を作成しました。

このアプリは地図上の通過点を選択することでランニングやジョギングコースを作成するアプリケーションです。
もちろんランニング以外にもサイクリングやドライブルートの作成にも役立ちますよ!

AppStoreはこちら

 

特徴としては

・画面中央のマーカー位置に通過点を設定するので指が太い人でも正確に位置指定ができます!

・通過点と通過点の間は道路に沿ってルートが自動設定されます。
 もちろん、道路のない場所でも対応できるように直線でもルートを作成できますよ。
 ルート作成の方法は通過点毎に切り替えられますので、道路にそったコースだけど
 一部だけ未舗装のコースにも対応できます。

・作成したコースはブックマーク機能で何時でも呼び出せます

・地図には現在位置が表示されますので、ランニング中のコース確認でも役立ちます。
 これで知らない道でも迷わず走れますね!

 

画面はこんな感じです
routedesigner_jp

 

使い方説明

1.スタート地点まで地図を移動させる
指で地図をグリグリ動かして目的位置まで移動させます。
 

2.左下「+」アイコンでスタート地点を設定
画面中央のターゲットマークをスタート地点に合わせたら「+」アイコンをタップします。
ピンが落ちてきましたね。
routedesigner_append_jp
 
 

3.同様に通過点を順番に設定します
次の通過点も同様に画面中央のターゲットを合わせて追加して行きます。
道路にそってルートが表示されましたね。
 

4.どんどん追加
画面上部に表示される距離を見ながら通過点をどんどん追加してゆきましょう。
この時、砂浜や公園内、その他地図に道路が載っていない場所では左上のセレクタを”straight”に変更してください。

routedesigner_straight_jp

こうすることで直線でルートが設定されます。

tips.自動ルートが迷いそうな場所ではなるべく近い距離で通過点を設定してみてください。
 

5.間違えて通過点を追加してしまったら
このアイコンをタップすると、直前に設定したポイントを削除できます。
routedesigner_undo_jp
 
 

6.既存の通過点を移動したいとき
既存の通過点(ピン)をタップすると選択されて赤色になります。
この状態で移動したい位置にマーカーを合わせてチェックアイコンをタップしましょう。
 
 

7.コースができたらブックマークしましょう!
コースができたらこのアイコンをタップしてブックマークに保存します。

routedesigner_bookmark_jp

保存したブックマークはこのアイコンから呼び出せますよ。

routedesigner_bookmarks_jp
 
 

サポートはこちらから
(簡易でごめんなさい)