ZWIFT ファーストラン

さわやかなBGMを聴きながら各種センサーをペアリングして、いざ RideON!

本当はトレーニングメニューとかイベントとかあるっぽいけど、よくわからなかったのでとにかく「RIDE」ってボタンをクリックすると、バイクにまたがったアバター出現!


こいつなのか?ワトピアでの俺君は。

なんかジャージが地味だけど、とにかく漕ぎ出す。自分がペダルを漕ぐとアバターもペダルを漕ぐ。なんかすごい!

前の記事にも書いたけど、ZWIFTの推奨通りにFG540の負荷設定1で回してたら、画面の中のアバターくん、いきなり驚愕の走りを見せる。
鼻歌混じりで時速50km。坂道でも御構い無しにぶっ飛んでいく。
こいつはサガンか?カンチェラーラか?

これはこれで気持ち良いんだけど、周りの視線が気になってきた。
そこでFG540の負荷設定を少しづつ上げて様子を見ると、なんとなく設定5くらいが実走に近い気がするので、とりあえず設定5で走る事に。

なんか英語でチャットみたいなのが来たけど気にせず走ってると、坂道でいわゆる”セグメント”的な区間に突入。

なるほど、ここで頑張れがいいんだな。
KOMとったるどー!

画面では激坂なんだけど、クラシックトレーナーであるFG540には負荷の自動調整機能はないので、代わりにギアを重くしてグルグル回す。
周囲のライダーも急に頑張り出すから自分も張り合ってグルグルグルグル。

5分近くかかってようやく頂上に到着!
残念ながらKOMは取れませんでしたが、周囲のライダーとの競争はかなり燃えますね。
本気で頑張ってしまいました。

45分ほど走ってその日は終了。

うーん、45分があっという間。
画面の中とはいえ、風景が動く、他の人が見えるだけでこんなに気持ちが違うものかと驚きました。
これは流行るのも納得です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です