加賀温泉郷マラソン2018 – 去年のリベンジだ!

去年は散々な結果だった加賀温泉郷マラソン。
今年こそはまともに走りたい。
今年こそはトイレに悩まされずに走り切りたい!!

そんなわけで金沢から車で1時間ちょっとかけて加賀まで行ってきました。

前日までの天気予報では 低温&雨&強風 の三重苦でスタート前からヤル気を削がれていたのですが、
なぜか当日は風が弱く、雨も思ったほど強くなく、これなら走れそうです。

去年は荷物預かりで長い行列ができておりスタート前の貴重な時間を無駄にしてしまったので、荷物はスタンドの観覧席に放置しておく事にしました。
雨の中、行列に並ぶのはイヤですしね。

このおかげでギリギリまで時間を使えると思っていたのですが、、、考えることはみんな同じなのでしょうか?
今年は荷物預かりに列がついていません。
逆に皆さんギリギリまでスポーツセンター内で待機していたために、スタート間際になって一斉にスタート会場である陸上競技場へ押し寄せる羽目に・・・
結果、狭い競技場の入り口で大混雑!
8時50分までに整列できなかったら最後尾からのスタートとなるので焦りましたが、なんとかギリギリでスタートブロックに入ることができました。
危なかった〜!
 

スタート

おそらく時間内にスタートブロックに入れず、最後尾からのスタートとなった人も結構いらっしゃったと思いますが、予定通り9:00にスタート。

最初の2キロは込み合いますね。
しかも狭いところで3時間30分のペースランナー集団の後ろに入ってしまって全然前に出られない・・
狭い隙間を少しづつ縫ってなんとか前に出るとようやく自分のペースで走れるようになりました。
まぁ、スタート前にウオーミングアップも全然出来ていなかったので、これはこれで丁度よかったと思っておきます。
 

これは順調に進んでるのか?

最初の7kmくらいは基本的にずっと下り、片山津温泉で折り返してスタート地点(14km位)に戻ってきますが、逆に登りになります。
この辺りまでは調子が良かったのですが、3日前に行った練習(短距離ダッシュを数本)のせいなのか太ももの裏側の筋肉が張ってきました。
下手したら攣りそうです。
ヤバイなと思い、お尻の筋肉を上手く使ってなるべくこの筋肉を休ませながら走る事にしました。

ちょっと焦りましたが、4:35/kmほどのペースで巡航することが出来ています。
順調です。
 

最大の難所

山中温泉を過ぎ、27km位でしょうか、このコース一番の難所。山中小学校へと登る激坂!
こういうところで頑張ってしまうと一気に筋肉がやられてしまうので焦ったらダメ!
コツコツ、お尻の筋肉で一歩一歩登ります。

「この坂えげつないわ〜」
って応援のおじちゃんに言われのない文句を言いながら登っていたら
「そやろ!(爆笑) 名物や〜、しっかり味わって登れ〜笑」
と笑われました。

ハイ、味わって登ります。
 

事件発生!

なんとか登りきり、ひと段落。
30km手前で最後の栄養補給を行ったのですが、ここで事件が!!

今回はちょっと固めのゼリータイプの栄養補給剤を持って行ったのですが、これが切り口から中々出てこないのです。
落ち着いて握れば「プリプリプリ」と出てくるのですが、最後の補給だと思って気合が入ったのでしょうか?手でギュっと握ったら一気にドバッと出てきて、予想外の出かたに気管に入ってしまい咽せまくりました。
息も出来なくなり、立ち止まりゲホゲホ。。
涙目です。

なんとか息はできるようになり、再び走り始めたのですがゲホゲホしすぎたのか、急にみぞおちの左側に差し込み痛が・・涙
痛くてペースが落ちます。
時計を見ると5:30/km近くまでペースが落ち込んでいました。(下りなのに・・)
脇腹を伸ばしたり、肩の周りをストレッチしたり、なんとか横隔膜をおちつかせようと色々やったのですが、なかなか治らず・・
トンネルを過ぎ、折り返した辺りでようやく痛みは治りました。
4、5kmは走ったのではないでしょうか。

1分ほど遅いペースで4kmほどだと単純に4分のロスです。
うーん大失敗・・

ラストスパート

あと3kmを切った辺りの市街地で時計を見ると3時間くらいだったと思います。
「今までのペースで進めば3時間15分は切れるな」
よしやるぞ!

ラストスパートのために、これまで寒さをしのいでくれたカッパ(ゴミ袋)を脱ぐと、応援のおじさんが
「それ捨てるんか?受け取るよ〜」
とありがたい言葉。
お言葉に甘えてカッパを渡し、ゴール目指して最後のひと頑張り。

最後の陸上競技場へ登る坂でラン友さんが応援してくれていたので、勇姿(?)を見せようと元気に坂道を駆け上って行ったのですが、左のふくらはぎが突然ピキーン!
アブナイアブナイ・・
上り坂を駆け上がるときにどうしてもふくらはぎを使ってしまうんですよね。
落ち着いてゆっくりですがお尻で登って行きます。

しかし、この最後の坂が長い!!
めちゃくちゃ長く感じます。
会場に入ってもさらに坂が続いて、競技場のトラックに入ってようやく平坦になるイメージ。
登り切るのに思った以上に時間がかかってしまいました。

最後はトラックを1周してゴールなのですが、元気よく流して走ろうと思ったら突然・・
「息が出来ない!!」
焦りました。超焦りました。。
なんでしょう、咽せ込んだダメージでしょうか・・
気管にゼリーが残ってるんでしょか・・
細くしか息が出来ないので、よろよろと歩くようなスピードでトラックを周り、ようやっとゴール!

時計は残念ながら15分を切ることができませんでした。
惜しい、もう少しだったのですが。

 

感想

色々と残念な点、反省点はありますが、なんとか去年のリベンジは果たせたと思います。
去年5月から故障していた膝も痛くならず、しっかり走りきる事ができたのは大収穫!

運営も基本的には行き届いており、素晴らしいと感じました。
・・ただ、一つだけ文句を言いたい!! お弁当に「しいたけ」を入れないで!(切実

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です