macbook 12インチを3週間ほど使ってみた感想

USB端子がもう一つあったらなー・・と最初は思っていたのですが、これが意外と不便ではないことに気が付いちゃいました。

考えてみたらこれまで MacBook Pro に差していたケーブルとかUSB機器って・・
・電源ケーブル(magsafe)
・HDMIケーブル
・USBストレージ
・Lightningケーブル(→iPhone)
多くてもこれだけ。(しかもほとんどは電源とディスプレイだけ接続してる)
これらは全てusb-cにアダプタを一つ挿せば対応可能なのです。

こんなやつ

macbookを持ち出す際はこのアダプタをmacbookから引き抜いて終わり。
基本的にこのアダプタは必要な機器を接続したままお留守番です。
帰って作業の続きをする際にもアダプタを一つ挿すだけで準備完了!
すっごくシンプル!

MBPでは右から左からケーブルが何本も伸びていてちょっとカッコ悪かったのですが、macbookなら1本だけ!
さらにmacbookとアダプタの間に延長ケーブルを入れればよりスッキリとしたデスク周りになりますね。

毎回アダプタから全てのケーブルを抜いてアダプタごと持ち歩くのであれば確かに面倒かもしれないけど、実際にはそんな事はしないんだよね。
外出時にはUSB-C→USB-A変換アダプタを一つ持って行けばほとんどの場合は大丈夫だし、もし出先で外部ディスプレイを使いたいのであれば別途コンパクトなHDMI変換アダプタを用意しとけばいいし。

困るシチュエーションというのも希にあるとは思うんですけど、ほとんどの場合は問題無い気がするなー
このへんも使ってみて分かるアップル製品の良さって事かな?
モバイルバッテリーから充電出来るってのもステキなポイントです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です