ホイール替えた!

「ギア1枚軽く回せる」とか、「巡航速度が3km速くなった」とか。
ホイールをアップグレードすると、すごい効果があるように聞きますよね。
程度の差こそありますが、自分の自転車仲間からもそのように聞きます。

うん。これはホイールを変えるしかない!

これまで使っていたホイールは完成車に標準で付いてきたジャイアント「PR2」、前後で1850gほどの鉄下駄と呼ばれるホイールです。
これをどれに変更するか・・うーん、迷います。

WEBで色々検索していると「最低限ZONDA」と書かれているサイトをよく見ますよね。
履き替えて違いを感じられるのは、この辺のグレードからなのだとか。

そのZONDA基準でホイールを探すとこの辺りか?

・Campagnolo ZONDA
・FULCRUM RACING3
・MAVIC KSYRIUM ELETE

うーん、コスパの良いZONDAにするか・・
リムが軽いと評判のKSYRIUMにするか・・

・・って迷ってけど、「最低限」ってことはギリギリ違いがわかるって事なのか?
もしかして違いが感じられない事もあるのか??
なにせ、感覚の鈍さには自信がある!

ならば、確実に違いがわかるであろう上位モデルを選んだ方が幸せになれるのでは?
結局上のグレードが欲しくなるのではないのか??

そんな事考えて、迷いに迷った挙句、「FULCRUM RACING ZERO」を発注しました。
理由はズバリ「かっこよさ」!
(本当はシャマルが良かったんですけど、なんとなくロゴのデザインが・・)

同時にタイヤは評判の「Continental GP4000S2」を選択。
うん、この組み合わせなら確実に速くなっているだろう!

んで、装着!
かれこれ300kmほど走ってみました!
一漕ぎ目から驚くような軽さがあったりするのか?!
坂でギア1枚分軽くなったのか?!

結果:
違いがわからない!!

まぁ・・、なんとなくそんな気はしてましたけど。

いいんです。いいんですよ!
ホイールを手で回し、いつまでも回るホイールを眺めながらビールを頂く。これだけで大満足ですっ!!(強がり)

あ、タイヤのGP4000S2は、噂通り良いものでした。
グリップ性能が以前の物と比べると段違い。コーナーでの安心感が違います。

FTP向上したよ

前回のFTPテストから1ヶ月ほど経った頃でした。
軽くランニングした後、30分くらいZWIFTで走ってたら、ライド終了後に「FTPがあがったよ〜」的なメッセージが表示された。
どうやらFTPテストだけではなく、普通に20分走行すれば、その間の平均パワーからFTPを算出してくれるらしい。

うん、なんか感じてたんですよね。最近SSTしてもなんか楽チンだなーと。
実走でも平均速度が速くなったの感じてたし。

ということでFTPが210wから218wに向上しました。
 

さらにそれから約一ヶ月。

なんとなくワットピアをフリーライドしてたら、再び「FTPが更新されたよ〜」みたいなメッセージが表示。
今度は229wになりました。
最近はあまり回せていないな、と感じてましたけど、いつの間にか上がっていたようです。

約2ヶ月で19wの向上
PWRは3.96から4.32に上がりました

もしかするとFTPテストでちゃんと測ると違う結果になるかもしれませんが、ZWIFTさんが言うにはとりあえず少しは速くなってるらしい。
ほとんどSSTしかしてないけど、効果はあるもんですね。

ヤバイ!金沢マラソンが迫って来た!!

実は4月の中旬から足の甲(サイド)を疲労骨折していまして、全然走れていないんです。
かれこれ4ヶ月。
未だ完治には至らず。

5km程度の短い距離ならなんとか走れるのですが、長い距離になると疼くように痛み出します。
当初は2週間位で治るだろうと高を括っていたのですが、甘かったですね。

ケガ以降、ほとんど走れていなかった結果、体力は激落ちです。
以前の感覚ではジョギング程度のペースでも、今はキープするのが難しくヒィヒィ言ってます。
短い距離なんですけどね。

自転車にはそれなりに頑張って乗っていますが、(自分的には)筋肉の使い方が全然違うので、無意味とは言わないまでもランのトレーニングにはあまり役立って無さそうです・・

こんな状態で、金沢マラソンまで後2ヶ月。
本当にヤバイ!
ケガが治らなければ最初から完走は無理でしょうし、もし完治したとしても、体力的にまともに走れない気がします。

うーん。。
困った。

「2x15 FTP Intervals」で撃沈!

ZWIFTを始めたとはいっても、平日はそんなに時間を取れませんので、1時間以内に終わるトレーニングをしております。

そこで、よく行ってるのがSST(short)というやつ。

FTP近くのパワーで5分、ちょっと低いパワーで5分というのを4回繰り返すわけですが、
しんどい期間が5分だけなので余裕をもってこなせるトレーニングです。
 

で、たまには別のをやってみよう!と「2x15 FTP Intervals」ってやつをやってみたら・・・撃沈!

このトレーニングはFTP強度で15分、少しの休憩を挟んでもう一度FTP強度で15分、って流れなんだけど、
もうね、しんどいの。超しんどい!

事前に20分ほどランニングしてたのが悪かったのかもしれないけど、最初の10分の時点でちょっと吐きそう。

FTP計測では20分頑張れたはずの強度で10分しか頑張れないって・・
ヘコむ・・

最近なぜか調子が出ない。
疲れが溜まってるのか?

ZWIFTで初めてのFTP計測

なんとなく目安として知っておきたかったので、FTPとやらを計測してみた。
45分で終わるショートバージョン。

ウオームアップ → 休憩 → FTP計測(20分) → ダウン

って流れで進むんだけど、最初のウオームアップの時点でしんどい。
最初は楽なんですよ。
100wで走れとか。
これが、後半になるとどんどん高出力を求められて、ほぼ全開。ヒィヒィ言いながらなんとかウォームアップ完了。
この時点で筋肉が結構ヤバメですわ・・・

休憩をはさみ、実際のFTP計測になるんだけど、なにせ初めてなのでどれだけ踏めるか、踏んで良いのか分からんのです。

とりあえずグイグイと260w位で5分ほど回して見たんですけど・・
やばい・・
最初の5分でもうダメポ・・・

なんとか10分過ぎまで230位で踏みとどまってたんだけど、もう無理!限界!
なんか英語で「もし余裕があれば10ワットあげたら?」みたいなメッセージが出てきたけど、こっちの心拍数見て言ってください!!

その後、200wを下回ったり、なんとか230w位まで戻したりを繰り返してようやく終了。
ハァ、、長かった。シンドかった。。。
 

結局平均で221w、換算FTPで210wとなりました。
ロードバイク初心者なので自分の限界値が分からなかったということもありますが、最初飛ばしすぎたなぁ・・
次はこのFTPをベースにペース配分してみたら良さそうです。

この210wという値ですが

bikecalculator

で計算すると 速度が35.4km/h になるので、練習会の時に平地を巡航した時の印象とほぼ一致します。
ローラー台+ZWIFTでの計測ですけど、なんとなく「それっぽい値」が取れた気がします。

この数値を考えると、平地でバイク先輩に付いていくのがしんどいのは納得ですね。
もっとパワーが欲しい!!

ZWIFT ファーストラン

さわやかなBGMを聴きながら各種センサーをペアリングして、いざ RideON!

本当はトレーニングメニューとかイベントとかあるっぽいけど、よくわからなかったのでとにかく「RIDE」ってボタンをクリックすると、バイクにまたがったアバター出現!


こいつなのか?ワトピアでの俺君は。

なんかジャージが地味だけど、とにかく漕ぎ出す。自分がペダルを漕ぐとアバターもペダルを漕ぐ。なんかすごい!

前の記事にも書いたけど、ZWIFTの推奨通りにFG540の負荷設定1で回してたら、画面の中のアバターくん、いきなり驚愕の走りを見せる。
鼻歌混じりで時速50km。坂道でも御構い無しにぶっ飛んでいく。
こいつはサガンか?カンチェラーラか?

これはこれで気持ち良いんだけど、周りの視線が気になってきた。
そこでFG540の負荷設定を少しづつ上げて様子を見ると、なんとなく設定5くらいが実走に近い気がするので、とりあえず設定5で走る事に。

なんか英語でチャットみたいなのが来たけど気にせず走ってると、坂道でいわゆる”セグメント”的な区間に突入。

なるほど、ここで頑張れがいいんだな。
KOMとったるどー!

画面では激坂なんだけど、クラシックトレーナーであるFG540には負荷の自動調整機能はないので、代わりにギアを重くしてグルグル回す。
周囲のライダーも急に頑張り出すから自分も張り合ってグルグルグルグル。

5分近くかかってようやく頂上に到着!
残念ながらKOMは取れませんでしたが、周囲のライダーとの競争はかなり燃えますね。
本気で頑張ってしまいました。

45分ほど走ってその日は終了。

うーん、45分があっという間。
画面の中とはいえ、風景が動く、他の人が見えるだけでこんなに気持ちが違うものかと驚きました。
これは流行るのも納得です。

ZWIFT始めました

もうね、ローラー台が辛いんです。
せっかく購入したんですけどね、超絶につまらんのです。
時間が経つのが遅いんです。
無心で漕いでると、5分が長い〜
youtubeでも面白いチャンネルもそんなに無いし。。
テレビもそんなに見ないし。。。。

こうなったらアレっしょ、ZWIFTするしか無いっしょ!(巻島風)

揃えた環境

自分のZWIFT環境は次の通り

・自転車
・ローラー台 (ミノウラ FG540)
・パソコン(Macbook Early 2016)
・スマホ(iPhone)
・ANT+のUSB受信機(ドングル)
・スピードセンサー (Garmin Edge 130に付属)
・ケイデンスセンサー (Garmin Edge 130に付属)
・心拍計 (Garmin FA935)
・扇風機(必須!)

いっぱいあるけど、実際にZWIFTのために購入したのは、PCでANT+の信号を受信するための「ANT+のドングル」だけです。
bluetoothのセンサーだったらこれも不要ですね。意外とお手軽に始められます。

スマホは無くてもいいけど「Zwift companion」というアプリを使うと手元のリモコンになるので、あった方が便利。

パソコンは3Dでの描画なので、macbookちゃんで大丈夫か?macbook pro出すか?とも思ったんですけどなんとか動いてます。ちょっとカクつく時はありますけど。
別にキレイな画像とかを求めてるわけじゃないので十分です。

あと、扇風機は必須!

ANT+のドングル

ANT+のドングルはGarmin純正でもよかったんだけど、ここは一つ人柱になる覚悟で激安品を購入して見た。
お値段2500円ほどのもの。
心配してたけど、普通に使えますね。
USBの延長ケーブルでセンサー付近に設置してるけど。

ただ、平行輸入のGarmin純正が¥3500程度で手に入るので安心が欲しければこちらの方が良いかも? カメラでいえば、結局純正のLレンズを買っておけ、って感じ?

 
 

ZWIFTとミノウラFG540

スピードセンサーを選択した時、ローラー台も選ぶんですけど、その時に「設定1で乗ってね!」ってメッセージが表示されてます。

で、それを真に受けてFG540を負荷1(一番軽い)に設定して走ると、ZWIFT内にいきなり”超人”が出現します。
何を根拠に設定1を勧めてるのか分かりませんが、設定4か5がちょうどいい気がします。(※1)

ZWIFTさんにはもう一度ちゃんと計測してほしいですね。(もしかして海外向けと日本向けで負荷が違う??)

まぁ、そんなわけで、しばらくZWIFTしてみます。


※1 スピードと負荷とのバランスで。あくまで感覚です。