おすすめジョギング・ランニング向けGPSウオッチ

ランナー向けGPSウォッチ

ジョギング・ランニング時の必需品、GPSウォッチをまとめてみました。

そのまえにちょっと説明

GPSウォッチって何??

名前の通り、GPSを内蔵した時計です。
GPSを使う事で、走ったコースや区間毎のペース等を正確に記録・確認できます。
このため、ペース走、ビルドアップ走など、トレーニングの必需品となるのはもちろんのこと、
ランナーとしての能力向上が数値となって見えますのでモチベーションの維持にとても役立ちます。

スマートフォンアプリでも良いんじゃないの?

「Nike+RunClub」や「RunKeeper」などの優秀なアプリがありますので、確かに代用はできるかもしれません。
私もGPSウォッチを購入するまではiPhoneの「Nike+ Running」を使っていました。
しかし、走っている途中でポケットからスマホを取り出してペースを確認するのって結構面倒ですし、危ないのです。
足元がおろそかになりますし、そのうちスマホを落としそうです。
また、雨やバッテリーの持ちも気になりますね。
その点、GPSウォッチであればそれらの心配が無くなります。
また、トラックで練習する際にスマホでラップを刻むのは現実的では無いですね。やはり時計がベストです。

どのメーカーを選んだらいいの?

スポーツ向けGPSウオッチメーカーで大手は、GARMIN(ガーミン)、SUUNTO(スント)、EPSONの3社になるかとおもいます。
基本的にこの3社から選べば間違い無いですが、それぞれ特徴があります。

  • GARMIN
    • このジャンルでは最大手
    • WEBアプリ「Garmin connect」が使いやすい!
    • 公式機能でNike+にも連携可能!
    • 最近の機種はデザインもなかなかイケてる。
  • SUUNTO
    • デザイン最高!! とにかくカッコイイ!
    • マルチアクティビティに強い
    • WEBアプリ「Movescount」がカッコ良く、使いやすい。「Suunto Movie」もSNS映えする。
    • 人間工学に基づいたデザインで手首へのフィット感は最高!
  • EPSON
    • 国産!
    • バッテリー駆動時間が長めの機種が多い。
    • 落ち着いたデザイン(悪く言えば地味だけど)

どちらかと言えば(機種によりますが)エプソンの機種は低価格帯の製品でもバッテリーが長持ちする傾向です。
ウルトラマラソン等で長時間の計測が必要な方はEPSONを選ぶと良いのではないでしょうか?
デザインを重視されたり、普段使いも考えている方はスントが第一候補にあがるのでは無いでしょうか?
それ以外の方はガーミンを選ぶのが間違いないとおもいます。
特に最近のガーミンは怒涛の新作ラッシュ&充実した機能で他のメーカーを圧倒してますね。
(自分の周りでもEpsonからガーミンに乗り換えてる人が多いです。)

SUUNTO(スント)のオススメ機種

Suunto Spartan Trainer Wrist HR

つい先日までランナー向けのGPSウオッチではGarminに大きく水を開けられていたSUUNTOですが、ここに来て魅力的な機種を出してきました。
「Suunto Spartan Trainer Wrist HR」です。

旧機種「Ambit3 RUN」であった不満の一つであるバイブによるアラートに対応したり、光学式心拍計を内蔵してきたり。
それでいてサイズもコンパクトに、重量も56gとこれまでより16gも軽量化されています。
デザイン性は流石にスント!カラーも良い色が揃っていて最高にカッコイイ仕上がりです。
それでいて価格は3万円台前半からとスントにしては異例の価格設定です。

これまでデカイ!、重い!、高い!って事でスントを敬遠していた方にもオススメできるオススメ機種です。
SUUNTOの連携サービス「Movescount」は大変使いやすく、専用スマホアプリから作成できる「Suunto Movie」でカッコ良くアクティビティをSNSに公開できるのも魅力ですね。

スペック
  • サイズ:46x46x15.7mm
  • 重量:56g
  • GPS駆動時間:10時間(設定により14時間、25時間も選択可能)
  • 心拍計:光学式内蔵
  • バイブ:○
  • Bluetooth: ○
  • スマホ通知 ○

GARMIN(ガーミン)のオススメ機種

ここ最近リリースされたガーミンのGPSウオッチはいずれも完成度が高く、正直言ってどれもオススメです。
その中であえて選ぶとしたら光学式心拍計を内蔵した935、235Jがオススメです。

トライアスロンやトレイルラン、ウルトラマラソンにも使いたいのであれば935。
そして迷ったら235J。隙の無い、いま一番のオススメ機種です。

35Jは細かい所で235Jに劣っていますが、最初の1本として大変おすすめです。
光学式心拍計が不要なら630Jがいいですね。

この世代(下2桁目が3)のGARMINはスマートウオッチのような機能を持っていますので、その手のガジェットが好きな人にもオススメですね。

ForeAthlete 235J

225Jから強化された内蔵の光学式HR(心拍)センサー! これで胸バンドから解放です!ガーミンの光学式心拍計内蔵型GPSウオッチはこの機種で完成したと言って良いでしょう。
光学式心拍計はANT+によって他のデバイスに心拍データを送信することも可能です。

GPS機能もGPS、みちびきに加えてGLONASSにも対応。測位がやたら早かったり、
本体だけで最大酸素摂取量(VO2MAX)の計測やリカバリーアドバイザー等の機能が使えたりと機能的にも大変優れた機種となっております。
ConnectIQに対応しているので独自のアプリを実行することもできて・・これはもう「スマートウオッチ」ですね。
それでいて前機種の225Jから12gも軽くなっているのが凄い!
この機種はgarminの傑作といえるのではないでしょうか。ベストセラー間違いなしです。
今の一押し機種です!

こんな人にお勧め
  • 心拍トレーニングやリカバリーアドバイザに興味がある人
    → 上手く使えば効率的なトレーニングが行えます
  • 心拍数を確認しながらも他の指標もちゃんと確認したい方
    → 4項目同時表示が可能なので、心拍+ペース+時間+距離、みたいな表示が可能です。
  • 迷ったらこれ!間違いありません!
スペック
  • サイズ:45x45x11.7mm
  • 重量:42g
  • GPS駆動時間:11時間
  • 心拍計:光学式内蔵
  • バイブ:○
  • Bluetooth: ○
  • スマホ通知 ○

235jを実際に使ってみました↓
GARMIN ForeAthlete 235J 買ってしまった!

ForeAthlete 230J

ベストセラー機 FA220Jの後継機となります。
機能的には235Jから光学式HRセンサーを除いただけですので、ConnectIQやスマートフォン対応も235J同様に行えます。
稼働時間16時間! ウルトラマラソンなどにもお勧めです。
心拍計は必要無いって方はこちらを選んでみてください。

スペック
  • サイズ:45x45x11.7mm
  • 重量:41g
  • GPS駆動時間:16時間
  • 心拍計:△(Ant+に対応)
  • バイブ:○
  • Bluetooth: ○
  • スマホ通知 ○

ForeAthlete 935

ForeAthlete系最高峰!全部入りのハイエンドモデルです。
光学式心拍計の搭載はもちろん、Fenix5ゆずりのABCウオッチ(気圧計、高度計、コンパス)としての機能も搭載しています。
ラン、スイム、バイク、ゴルフなど色んなスポーツに対応する上に、駆動時間も21時間という超ロングライフ。
ウルトラマラソンにも余裕をもって対応できますね。
RDポッド(Running Dynamics Pod)も付属してきますので左右バランス、上下動などの細かな指標を使ってランニングフォームの解析もできますね。

こんな人にお勧め
  • ウルトラマラソンを走る人
    → 21時間あれば大概のレースは大丈夫ですね。
  • トレイルランニング(トレラン)を走る人
    → 高度計、コンパスなどのABCウオッチとしての機能が山での安全をサポート
  • 普通の時計っぽいデザインなので普段使いでも大丈夫。ライフロガーとして使い易いですね。
  • 一番イイのが欲しい人w
  • 735と迷ったら935の方がRDポッド(定価8000ほど)が付いてくる分だけお得だと思います
スペック
  • サイズ:47x47x13.9mm
  • 重量:49g
  • GPS駆動時間:21時間(UltraTrackモードで44時間)
  • 心拍計:光学式内蔵
  • バイブ:○
  • Bluetooth: ○
  • スマホ通知 ○

GARMIN ForeAthlete 935 を購入&レビュー
Garmin ForeAthlete 935 衝動買い!

ForeAthlete 735XTJ

ラン、スイム、バイク、ゴルフなど色んなスポーツに対応するマルチスポーツモデル。
驚愕の40.2gという軽量コンパクトなボディに光学式心拍計を搭載していながら 稼働時間14時間(UltraTrackモードだと21時間)の長時間駆動を実現!
デザインもいけてますね!

スペック
  • サイズ:44.5x44.5x11.9mm
  • 重量:40.2g
  • GPS駆動時間:14時間(UltraTrackモードで21時間)
  • 心拍計:光学式内蔵
  • バイブ:○
  • Bluetooth: ○
  • スマホ通知 ○
こんな人にお勧め
  • トライアスリートにオススメです。
  • コンパクトな上位機種が欲しい人(935がゴツく感じてしまう人)

EPSON(エプソン)のオススメ機種

ガーミンの新作ラッシュにおされてか2017年の夏以降からJシリーズが発売になっています。
Jシリーズはいずれも光学式心拍計を内蔵したモデルとなっており気軽に心拍トレーニングができますね。
駆動時間もエプソンらしく長時間ですので駆動時間を優先する方にはオススメです。

エプソンから選ぶのであればこのJシリーズから選ぶのが良さそうです。
ただ、このJシリーズ、満を持しての発売となったはずなのですが、微妙にデザインがいけてない気がします。なんていうかストップウオッチ?って感じです。
10月発売のJ-350、U-350BSは普通の時計的なデザインとなっていますので、普段使いも考えている人はちょっと待った方が良いかと思われます。

J-300

ラン、スイム、バイクなどに対応するマルチスポーツモデル。トライアスロンもいけますね。
EasyView Displayというディスプレイを搭載しており、強い太陽光の下でも見やすいのはガチで記録を狙う際にはありがたいですね。

スペック
  • サイズ:?x?x13.4mm
  • 重量:51g
  • GPS駆動時間:16
  • 心拍計:光学式内蔵
  • バイブ:○
  • Bluetooth: ○
  • スマホ通知 ○
こんな人にお勧め
  • トライアスリートにオススメです。
  • 国産メーカー。made in japanにこだわる方

まとめ/総評

結局のイチオシはどれ?

マラソンを頑張る!って方には次の機種がオススメです。

「Garmin ForeAthlete 235」
「SUUNTO Spartan Trainer Wrist HR」

トレイルランを本気でされる方や10数時間に及ぶウルトラマラソンに挑む方には次の機種がオススメです。

「Garmin ForeAthlete 935」

トライアスロンをされる方には次の機種がオススメです。

「SUUNTO Spartan Trainer Wrist HR」
「Garmin ForeAthlete 735XTJ」

個人的なオススメランキング

  1. 「Garmin ForeAthlete 235」
    万人にオススメできる完成された定番機。高レベルで全ての機能が揃っています。
    →リンク
  2. 「SUUNTO Spartan Trainer Wrist HR」
    1位とほぼ同格。Garminの方がユーザ数が多いので周りのサポートが受けやすいというだけの差です。
    機能的やデザイン的にはこちらの方がオススメ。
    →リンク
  3. 「Garmin ForeAthlete 935」
    なんでもありのハイエンド機。全てに対応したいのであればこれを選びましょう。
    →リンク

比較表

機能・仕様 GARMIN - ForeAthlete EPSON - WristableGPS SUUNTO
935 735XTJ 630J 220J 225J 230J 235J 35J SF-850 SF-810 SF-710 SF-110 SF-120 Ambit3 Run
重さ 49g 40.2g 44g 40.7g 54g 41g 42 37.3g 52g 52g 59g 44g 46g 72g
防水 50m 50m 50m
動作時間 GPS
(※2)
21時間
(44h)
14時間
(24h)
16時間 10時間 10時間 16時間 11時間 13時間 20時間 20時間 30時間 10時間 10時間 10時間
(100h)
時計 14日 11日 28日 42日 42日 63日 9日 16日 16日 20日 10日 6時間 14日
バイブレーション
「みちびち」
対応
心拍計対応
光学式心拍計
インドア
対応
内蔵センサー
フットポッド
ピッチ
/ストライド計測
タッチセンサー
カラー液晶
オートポーズ
オートラップ
データ
同期
Windows
対応
Mac
対応
Bluetooth
iPhone
アプリ
Android
アプリ
WIFI経由
データ
閲覧
WEBアプリ ○(Garmin Connect) ○(NeoRUN/EpsonView) ○(Movescount)
iPhoneアプリ
Androidアプリ
参考価格 ¥56,000 ¥49,000 ¥24,700 ¥17,500 ¥22,000 ¥27,000 ¥36,000 ¥22,500 ¥36,000 ¥29,800 ¥28,670 ¥12,000 ¥18,194 ¥22,000
備考 登山向けを除けば、この機種が真のハイエンドモデルです。確かに高価ですが、中身はFenix5と同等。RDポッドが付属してくる事を考えるとお得に感じます。 トライアスロンをされる方にオススメだが、935の方がお得に見えるな。。デザインはコンパクトでカッコイイ! 620の後継機。なぜかお安い!230よりもお安い!なんで?? 旧モデルとなったがGPSウオッチとしての機能は必要十分。値段によっては買い! Garmin初の光学式心拍計搭載モデル。後継機種の235とは随分性能差があるのであえて選ぶ必要は無いと思う。 ベストセラーFA220jの後継機。ConnectIQにも対応したオススメ機!16時間のロングランに対応するのでウルトラマラソンにも良いですね 230の機能に加え光学式心拍計に対応! VO2MAXも計測、心拍トレーニングするならコレ! 今の一押し! エントリーモデルのはずだが、なに?この充実した機能!ほとんどの方はこれで十分だと思う。 EPSONの最新機種!必要な機能は全部入ってます。 850があるのであえて選ぶ必要はないか? 圧倒的なロングライフ。ウルトラマラソン命! とくかく安いので。とりあえずGPS時計を使ってみたい方へ。 SF110の後継機。カラフルで女性にオススメかな? カッコイイね!ゴツイんだけど手首にフィットするので重さは感じにくいです。

※1 光学式心拍計を内蔵!!
※2 GPSの測位間隔を伸ばした時の動作時間。UltraTrackモード等

GARMIN ForeAthlete 935 を購入&レビュー
Garmin ForeAthlete 935 衝動買い!


GARMIN ForeAthlete 235J を購入&レビュー
GARMIN ForeAthlete 235J 買ってしまった!


GARMIN ForeAthlete 225J も試しに買ってみました。
GARMIN ForeAthlete 225J 届いたー!


トンネル等、GPSの補足が行えない場所で220Jを使った時の検証
Garmin ForeAthlete220をGPSが届かない場所で使ったらどうなるの?


RouteDesigner
  - ランニング/ジョギングコースの作成に超便利! 
    ランニングイベントの主催者にオススメです。
 

当サイトに記載しております各データはメーカーサイトやインターネット上で調べた情報をもとにしております。
転記ミス、確認ミスなどで間違っている可能性もございますので機種決定前にはご自分でご確認下さい。
当サイト管理者は記載内容について、また記載内容から発生した損失に対していかなる責任も負いません。