RouteDesigner – ルートデザイナー

RouteDesignerについての質問、お問い合わせはこちらのページにコメントして下さい。


このアプリは地図上の通過点を選択することでランニングやジョギングコースを作成するアプリケーションです。
もちろんランニング以外にもサイクリングやドライブルートの作成にも役立ちますよ!

ver1.1以降ではKMLファイルを使って他のアプリとの連携が可能となっています。
この機能は練習会を主催される方には特に便利な機能ではないかと思います。
(作者自身も活用しています!)

主な機能/特徴

・通過点を指定するだけの使いやすいUIにより誰でも簡単にルートの作成が可能です。
 総距離を常に表示しますので目標距離のランニングコースが簡単に作成できますよ。
・通過点と通過点の間は道路に沿ってルートが自動設定されます。
 もちろん河川敷やトレイル、クロスカントリーなど、地図上に道路が無い場所にも
 対応できるように直線でルートを作成する事も可能です。
 このルート作成の方法は通過点毎に切り替えられますので、道路にそったコースだけど
 一部だけ未舗装のコースにも対応できます。
・作成したコースはブックマーク機能で何時でも呼び出せます
・地図には現在位置が表示されますので、ランニング中のコース確認でも役立ちます。
 これで知らない道でも迷わず走れますね!
・KMLファイルの出力/共有機能(ver1.1)
 カシミール3DやGoogleMaps、ルートラボ等で当アプリで作成したルートを表示する事ができます。
・KMLファイル、KMZファイルのインポートに対応(ver1.2)
・地図上に距離マーカーの表示(ver1.3)
 設定した距離毎のマーカーを地図上に表示できるようになりました。
・地図上にメモを記入(ver1.5)
 → メモの色を選択できるようになりました!(ver1.8)
・GPXファイルのインポートに対応(ver1.6)

使い方説明

20150828_1

1.スタート地点まで地図を移動させる
指で地図をグリグリ動かして目的位置まで移動させます。
 

2.左下「+」アイコンでスタート地点を設定
画面中央のターゲットマークをスタート地点に合わせたら「+」アイコンをタップします。
ピンが追加されましたね。

20150828_2
 
 

3.同様に通過点を順番に設定します
次の通過点も同様に画面中央のターゲットを合わせて追加して下さい。
道路にそってルートが作成されます。
 

4.どんどん追加
画面上部に表示される距離を見ながら通過点をどんどん追加してゆきましょう。
この時、砂浜や公園内、その他地図に道路が載っていない場所では左上のセレクタを”straight”に変更してください。

routedesigner_straight_jp

こうすることで直線でルートが設定されます。

tips.自動ルートが迷いそうな場所ではなるべく近い距離で通過点を設定してみてください。
 

5.間違えて通過点を追加してしまったら
このアイコンをタップすると、直前に設定したポイントを削除できます。

20150828_3

 

6.既存の通過点を移動したいとき
既存の通過点(ピン)をタップすると選択されて赤色になります。
この状態で移動したい位置にマーカーを合わせて下図のアイコンをタップしましょう。

20150828_5
 

7.コースができたらブックマークしましょう!
コースができたらこのアイコンをタップしてブックマークに保存します。
コースの保存と読み込みはサイドメニューから行います。

20150828_4


各バージョンの内容
リリース v1.11
リリース v1.10
リリース v1.9
リリース v1.8
リリース v1.5
リリース v1.4
リリース v1.3
リリース v1.2
リリース v1.1
リリース v1.0


AppStoreはこちらから

 

RouteDesignerについての質問、お問い合わせはこちらのページにコメントして下さい。

“RouteDesigner – ルートデザイナー” への 2 件のフィードバック

  1. コースと一緒に、現在地標高(今走っている峠の位置等)が出るようになりませんか?
    (ブルベで現在使用しています)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です