Garmin ForeAthlete 935 衝動買い!

Garmin FA235Jで大変満足していたので、正直買う気は無かったのですが、先日の大特価(47000円)を見て思わずポチってしまいました。
完全なる衝動買いです!(笑
いえーい!

サイドのボタンが金属製なのが高級感ありますね。

235と比べるとこんな感じ(左が935、右が235ね)

235より分厚いはずなのですが、むしろ薄く見えます。

光学式心拍計の出っ張りが薄くなったので235より薄く見えるのだと思います。

重量は公称通り

さて、935はマルチアスリート向けのハイエンドモデルです。
大定番機FA235と比較しますと

  235 935
稼働時間 11h 21h
光学式心拍計
WIFI ×
気圧計 ×
高度計 ×
コンパス ×

ということで、235で不足していたトレランやウルトラマラソン向け機能が強化されています。
920の後継機ですね。

また、スペックには現れていませんが、CPUが強化されているのか、細かな動作が速くなっています。
例えば235ではラップを切るときに一瞬間が開いてしまうのですが935ではそれがありません。
右下のボタンを押した瞬間にラップが刻まれます。

光学式心拍計も235より明らかに早く安定します。(235も225から比べると圧倒的に早くなったのですが、さらに早いです)
さらに見た目も普段使い出来そうな雰囲気で、ライフロガーとしても使いやすくなってますね。

まぁ、良いところを並べてみましたが、
正直235の時点で完成されていた「光学式心拍計付きGPSウオッチ」ですので、235から買い換えるとなるとただの贅沢ですね(笑
(自分、ウルトラマラソンには出るつもりが全くないのでw)

RDポッド

935ではRDポッド(Running Dynamics Pod)と呼ばれる小さなデバイスが付属してきます。


こんな感じで中身が取り出せます

※1日1時間使用で1年使えるとのこと
※電池はCR-1632

これを腰に装着することによって、様々な指標を計測することが可能です。
– ケイデンス
– 接地時間
–  左右差
– ストライド長
– 上下動(上下動比)

しばらく使い込んでみて、これらの指標をどうやって有効に使えるのか、いろいろと試したいと思います。

Garmin ForeAthlete 935はどんな人にオススメなのか?
  • ウルトラマラソンな人
  • トレランな人
  • トライアスロンな人
  • 920を使ってる人
  • ライフロガーも兼用したい人

735でも良いと思うのですが、735の価格(7月11日時点で48000円程)を考えるとRDポッドが付いた935の方がお得な気がします。
(コンパクトなのは735なので、935が大きいと感じるのであれば735の方が良いかもしれませんね)

 
 

ちなみに735XTJ、実際見るとコンパクトです。

 
 

フルマラソンまでなら235で十分です。

 
 

追記
  • バッテリーは確かに良く持つ。だいたい1時間のランで5%位の消費。
  • でもGLONASSを使うとバッテリー消費が大きい気がする。気になる人はGLONASSをOFFに(初期状態ではOFF)
  • リストバンドはFA235の方が好き。FA935は軽量化のためかペラペラ。235のバンドのQuickFit版を出してください。
  • ライフロガーとして普段使いしていると結構ぶつけるのでガラスフィルムなどを貼った方がいいよ。指紋も付きづらくなるし。
  • RDポッドはしっかりと固定されるので落とす心配はあまりなさそう。
  • RDポッドを付けたまま洗濯しないように注意!(洗濯しても無事でしたが・・)
  • 気温計は体温を受けてしまうのであまり参考にならない。
  • 235はスマホとの接続がなぜか一瞬切れることが多かったが935は安定して接続されている。Bluetoothの電波強度が強くなったのかな?
  • ABCウィジェットが男心をくすぐる(笑
  • 上段or下段に時間を表示すると時間の表示が妙に小さく表示されてかっこ悪い。
  • ランニング中の充電にも対応(もちろん光学式心拍計は動作しないけど)

緊急速報! ガーミン FA935が謎の値下げ!

ランナー向けGPSウオッチの頂点「Garmin ForeAthlete 935」がAmazonで謎の値下げです。
グリーンは以前の通り約56,800ほどなのに対してブラックは¥46,629(7月6日時点)と激安!

狙ってた人はぜひこの機会を逃さずに!

おそらく今だけの超特価なので、注文する時は必ず値段を確認してくださいね。

簡単なスペック
– 重さ 49g
– 稼働時間 21時間(UltraTracモードだと44時間)
– 光学式心拍計
– カラー液晶
– 気圧、コンパス、ジャイロ、温度計搭載(中身はFenix5だとか)
– Bluetooth対応
– WIFI対応

7月6日以降もたまに安くなっていますね。
欲しい人は定期的に要チェック。

Garmin ForeAthlete 35J ・・これいいじゃん!!

Garmin(ガーミン)のエントリーモデル ForeAthlete 35J が発売されましたね。
235などと比較してどうなんだろうと思いましたが、ほとんどのランナーには正直これで十分だと思う。
エントリーモデルとは呼べないような機能性です!

自分がGPS時計として必要とする機能は全て網羅しています。
・GPSでの計測(当たり前!w)
・バイブレーションでのアラート
・bluetoothでのスマホ連携
・光学式心拍計
・十分な駆動時間(13時間)

最近のgarminらしくスマートウオッチ的な使い方も出来ますし、
アクティビティトラッカーとしても使えますし。
いいじゃん!!

こんな人にオススメ
・最初の1本として超オススメ!これで物足りなかったら相当な上級者!
・小さくて軽いので手首の小さな女性にもオススメ!カラフルなのもありますし。
・これまでbluetoothや光学式心拍計が付いて無いGPS時計を使ってた方。

でもこんな人にはオススメできないかも
・四角のフェイスが気に入らない
・多くの情報を一度に確認したい(3項目までの表示)

表示項目ですが、
自分は
「心拍」、「ペース」、「距離」、「時間」
を表示したいので、この点だけ気になりますね。
あとVo2Maxが計測できないとか。

この手のデバイスは進化が早いですね〜
毎年楽しみです。

(追記)
実物を試す機会がありましたので、使ってみた感じ。
・軽い!超軽い!
・GPSの認識速度は235と大差無い。
・画面切り替えにちょっともたつく時があるかな?(235もあるけど)

GARMIN ForeAthlete 235J 買ってしまった!

デデーン!
20160730 IMG 7621
はい、Garmin FA235Jです!!

GARMIN FA225jを購入して(→過去記事)まだ1年も経っていないのですが、ついついFA235jをポチってしまいました。
225jでも全く問題なく使えていたんですけどね〜
こういった趣味のガジェットにはついつい手が伸びてしまいます。
(反面、今のAppleWatchには興味が湧かない。。不思議!)
言い訳としては、新世代の光学式心拍計とconnectIQとはどんなものか試してみたかったんです
 
 
 

GARMIN FA235Jのハード面に関して

まず感じた事 ・・薄い!軽い!

225が54gであったのに対して42グラム。厚みも4.3mm薄くなってる。
20160730 IMG 7634
ウオッチフェイス自身(丸い部分)のサイズは変わっていないようですが、その周りがスリムになっています。
225はゴツ過ぎて女性にはあまりお勧めできなかったのですが、235なら大丈夫です。
よっぽど細い人じゃない限りフィットするとおもいます。
(知り合いの身長145cmほどの女性ランナーも使っていますがバッチリ似合っていましたよ!)
これだけ薄くなっても駆動時間は延びてるんですよね〜、すごい。

並べてみるとこんな感じ(オレンジのバンドが235J、黒が225J)
20160730 IMG 7626
20160730 IMG 7627
20160730 IMG 7635

 
 
 

さらっとしたリストバンド

そしてリストバンドが良いですね。
220のバンドはちょっと硬くて手首が小さいと巻きづらかった。
そして、225のバンドは柔らかくて良かったのですが、ちょっとホコリを付けやすい素材だったのでそれが難点でした。
そこにきてこの235のバンドは素晴らしいですね。
サラッとした素材でしっかり感もあるんですけど、柔らかくしなやかです。
こういったアクティビティ系ガジェットのリストバンドとしては過去最高なのでは?と思ってしまうデキの良さです。

あ、リバーシブルって事だったのですが、色が裏表で逆転したバンドが付属で付いてきました。
組み替え用の工具も付いてきて親切ですね。
20160730 IMG 7623
 
 
 

充電アダプタ(ケーブル)

充電アダプタも225に比べて改良(というか以前に戻った?)されています。
↓こんな感じで横から挟むタイプになり、しっかりと固定されます。
20160730 IMG 7625
225ではたまに充電アダプタから外れて充電できていない事があったのですが、今回の235なら大丈夫そうです。
また、充電中でも各種機能が動作可能。
モバイルバッテリーを使えば走りながらだって充電可能。ウルトラ向けにも良いですね。

 
 
 
 

低反射ディスプレイ

ディスプレイは220から受け継がれてきた低反射ディスプレイ。
明るいところでの視認性に大変優れています。
(一方でカラーの発色は悪いです)

表示領域が少し拡大したという事もあってか。235ではアクティビティシートに4項目を表示させる事ができます。
(225では3項目でした)
4項目表示させられると必須項目+心拍数を表示させられるのが良いですね。
※画面サイズは1inch→1.23inch、画面解像度は1.2倍になっているそうです

ちなみに自分は1ページ目を普通のランニング用として
1:総距離 2:ペース 3:心拍数 4:時間
を選択。
2ページ目に陸上競技場などでトラック練習用として
1:ラップ数 2:ラップペース 3:心拍数 4:ラップ時間
を表示させています。
 
 
 

次世代の光学式心拍計

光学式心拍計は225から1世代新しくなって見た目も変わっています。
LEDが3点になってより素早く正確に心拍を計測します。
(右が235j)
20160730 IMG 7632

実際、225と比べると装着後に心拍数が安定するまでの時間が圧倒的に短くなっています。
225では2、3分ほど(場合によってはもっと)安定するまで時間が掛かっていましたが、235は1分かからずに安定します。
全くの別物といって良いでしょう。
背面のゴム部品が無くなったのも良いですね。洗いやすい。
※自分は試していませんが他のデバイスの外付け心拍計(ANT+)としても動くらしいです。
 
 
 

GARMIN FA235Jのソフト面に関して

新世代のソフトウエア – connectIQ対応

OSも新世代になっていて225と比べると別物に変わっていて、時計画面を変更したり、ウィジェットやカスタムアプリの実行が出来たりと・・もうこれはスマートウオッチと呼んでも良いのではないかという進化を遂げています。

標準で入っているウィジエットだけでも

  • 現在の心拍数の表示(グラフ付き)
    20160802 IMG 1586

  • 接続しているスマホの通知を表示
    20160802 IMG 1583

  • カレンダーから本日のイベントを表示
    20160801 IMG 1580

  • 現在地の天気・気温を表示

・・などなど、色々出来ます。
スマホで再生している音楽のリモコンにもなりますよ。

※アプリやウィジエットなどはconnectIQというiPhoneでいうAppStoreみたいな所から追加で色々とダウンロード可能です。
まだ、公開されている数は多くないのですが対応機種が広まってくるのに比例して充実してくると思います。

 
 

VO2MAXの計測

光学式心拍計とトレーニング内容からVO2MAXとレースでの予想タイムを計算してくれるのですが、
この機能もなかなかヤル気にさせてくれます。
自分ごときでこの結果↓
20160802 IMG 1584
20160802 IMG 1585
さすがにこれはないですね。
サブスリーとか(笑
でも、自分、褒められて伸びるタイプなので、もっと褒めて!持ち上げて!(笑

 
 

リカバリータイムの計測

これもトレーニング内容とその心拍数から回復するまでの時間(マニュアルには「次のトレーニングを行えるまでの時間」と書いてある)を計算してくれる機能。
18km走った後に8時間とか表示されるんだけど、どうなんだろ。これ。

 
 

屋内でのランニング用のメニュー

今まではGPSを設定画面からわざわざ切ったり、GPSオンのままで走ったりしていましたが、専用のランニングモードが簡単に選べるようになりました。
まぁ、GPSオンのまま走ってもそれなりに動作してくれてたので良かったのですが、測位できたりできなかったりするような状況でGPSを使うよりは加速度計だけで計測してくれる方が精度良さそうですね。

 
 

その他、実際に使ってみて感じた235Jの良い点(改善された点)

  • リストターン(時計を見る動作)でのバックライトON
    AppleWatchのように手首を返して時計を見たらバックライトが点灯します。
    タイムラグが1秒ほどあるのが気になりますが、この機能は大変便利!

  • GPSの掴みがやたら早い!
    225も十分早かったのですが、235はさらに早いです。GLONASS対応のおかげ??

 
 

これ、鉄板だわ。

FA235JはFA230Jと併せて、しばらくの間は定番機として君臨すると思います。
だれかにお勧めのGPSウオッチは?って聞かれたら確実に235か230を勧めます。
それ位に出来が良いです。

心拍計が欲しければ ForeAthrete235J


心拍計は不要だけど長時間駆動が欲しければ16時間の ForeAthrete230J

はっきり言って鉄板です。

※キズや指紋が気になる方はこちらの保護フィルムを貼るといいですよ。

GARMIN ForeAthlete 225J 届いたー!

スポンサーリンク

発売日から結構遅れて注文したので、届くの10月かな。。。とか思ってたGARMIN 225Jですが、予想に反して昨日届きましたので軽く紹介を。

こんな箱に入っています。
GARMIN 225
220が黒の箱に対して225は赤です。
これはきっと3倍・・(略)

せっかくなので220と比べてみました。
GARMIN 225

225が結構大きく見えますね。

横から厚みを見てみるとこんな感じです。
GARMIN 225

225(左)分厚い!

220に比べるとデカくて分厚いんですけど、実際腕にはめると幅広の柔らかいバンドのおかげでフィット感が素晴らしく、
大きさを感じさせません。

心拍計はこんな感じで光っています。
GARMIN 225

軽く走ってみた感じでは、結構緩めに装着しても心拍を測ってくれてるようです。
→ やはりちょっとキツめの方が安定しやすいです。

液晶は220譲りのクッキリハッキリ液晶です。
20150903-IMG_6698

さぁ!
秋のマラソンシーズンに向けてトレーニングするぞー!!

あ、225について質問あればコメントください。
分かる範囲でお答えします。

Garmin ForeAthlete220をGPSが届かない場所で使ったらどうなるの?

スポンサーリンク

Garmin ForeAthlete220をトンネル等、GPSが届かない場所で使ったらどうなるのか?
メーカーサイトによると加速度センサーを使って走行距離を算出してくれるとの事ですが、
実際にどのくらいの精度なのか確認してみました。

結果:かなり正確!!

テストした場所は 金沢の卯辰トンネル。
トンネル入り口には全長1219mと記されています。

tonnel

さて、このトンネルを走ってみると。。

入り口での距離
6.96km
garmin_from

出口での距離
8.23km
garmin_to

・・・って事で1.27km (1,270m) との計測です。先の標識(?)との差は約50Mとなりました。

1回のみの調査ですし、公式距離が道の何処を基準としているのか分かりませんので、
厳密な結果とは言えませんが、1キロ強で50mの誤差って結構正確じゃないですか??

ちなみにランニング中もちゃんとペースや距離をリアルタイムで表示してくれていましたよ。