自転車でも「Route Designer」は便利だった!

ビワイチするにあたって、ルートとか宿泊場所を検討する際に拙作の「Route Designer」を使ったのですが、やはり便利ですコレ。我ながら。

自転車になると距離が大幅に伸びるのでランニング以上に事前の検討が必要になると思います、そんな時にこのアプリは便利ですね。
作っておいてよかったです。

「Route Designer」

自転車で走るコースを検討する際に是非つかってみてください!
KMLの出力もできるので対応するサイコンとも連携できるんじゃないかと思います。

「RouteDesigner」ver1.11を公開しました。

ランニング・ジョギングコース作成アプリ「RouteDesigner」を更新しました。

今回はKMLファイルのエクスポート機能を改善しています。
RouteDesignerから直接「Google Earth」や「Cyclemeter」など対応アプリにルートを受け渡すことが出来るようになりました。

アップデートをお願いいたします。

RouteDesigner ver1.9

ランニングルート作成アプリ「RouteDesigner」のver1.9をappleに提出しました。

このバージョンではUIを大幅に変更しています。

今まで画面下部を占領していたツールバーを廃止し、状況に応じたフローティングアイコンを表示するようになっています。
(こんな感じ↓)
routedesigner 1.9

また、画面上部にあった検索ボタン、ブックマーク呼び出しボタンをサイドメニュー内に移動しました。
(こんな感じ↓)
routedesignerのmenu

ご愛用されていたユーザ様には今回の対応で操作に若干の違和感があるかと思いますが、
いずれも今後の機能拡張に向けた布石ですので、ご理解頂けますようお願い申し上げます。

RouteDesigner ver1.8

ランニングルート作成アプリ「RouteDesigner」(ルートデザイナー)のver1.8をappleに提出しました。

このバージョンではメモの色を選択できるようになりました。

こんな感じです↓

20150818_01

休憩ポイントやトイレ、コンビニなどのメモに活用してください。

RouteDesigner ver1.4

RouteDesigner ver1.4が公開されました!

AppStoreはこちら

このバージョンでの新機能は次の通りです

中間通過点の追加・削除
ルート中間の通過点を追加したり削除できるようになりました。
 

追加する場合にはピンを選択してから下図のアイコンをタップします。
(※一部に次期バージョンのアイコンが表示されていますが、気にしないで!)
routedesigner_20150715_1

すると、、
routedesigner_20150715_2
ピンが手前(スタート側)に挿入されます。
 

 

削除する場合は下図の×ボタンをタップしてください。
routedesigner_20150715_3

 
 
今回の機能追加でルートの調整や細かいルート設定が簡単に行えるようになりました。
是非使ってみてください。

RouteDesigner ver1.3

RouteDesigner ver1.3が公開されました!

AppStoreはこちら

このバージョンでの新機能は次の通りです

距離マーカーの表示に対応
一定の距離毎にマーカーを表示できるようになりました。

routedesigner_20150708_1

この機能は設定画面で変更できます。

routedesigner_20150708_2

RouteDesigner ver1.2

RouteDesigner ver1.2が公開されました!

AppStoreはこちら

このバージョンでの新機能は次の通りです

KMLファイルのインポートに対応
iOS標準のメールアプリ等でKML形式のファイルを開いた時にRouteDesignerを選択できるようになりました。
ルートラボやGoogleMAP等で作成されたKMLファイル、KMZファイルを直接インポートできます。
(KMZからはルート情報のインポートに対応しています。画像等のインポートには対応しておりません)

地図上のピンにスタートとゴールを表示
ピンにスタート地点とゴール地点を示すマーカーを表示するようになりました。

KMLの出力に加え、KML・KMZの表示にも対応したことで、ますます便利に使っていただけるのではないかと思います。

 

KMLファイル、KMZファイルの開き方

(標準メーラーの例)

1.標準メーラーでKMLファイルを受け取り、添付ファイルをロングタップします。
routedesigner_20160620_1

2.するとこんなアクションシートが表示されるのでRouteDesignerを選択します。
routedesigner_20160620_2

3.KMLファイルの内容が表示されます。
routedesigner_20160620_3
 

標準メーラー以外でも、「ファイルを他のアプリで開く」事ができるアプリであれば大抵は大丈夫です。
↓このようなアイコンからKMLファイルを開いてみて下さい。
routedesigner_20160620_4