流行りのネットワークオーディオを導入してみた その2(YAMAHA NS-B330)

M-CR611(前の記事)と合わせて購入したのがハイレゾ対応スピーカー「YAMAHA NS-B330」です。

YAMAHA NS-B330

選定までには迷いました。色々と。
このクラスで候補となると
・TANNOY MERCURY 7.1
・DALI ZENSOR1
・DALI ZENSOR3
あたりでしょうか。
特にZENSOR1は評判良いですね。

選定にあたって色々と視聴したのですが、自分は NS-B330 を選びました。
騒ついた視聴環境でしたが、それでも十分な低音と自然な中高音域が好印象だったからです。
ZENSOR3はちょっとボワついて聞こえましたし、ZENSOR1は低音が弱いな、うーん・・今使っているMERCURY V1のが良いな。
「MERCURY 7.1」はとても気になっていたのですが残念ながら視聴できず。。

自宅に「NS-B330」が届いて「M-CR611」に接続して聞いてみると・・「うわっ!良いじゃん!」

特に好印象なのは、豊かなんだけど引き締まった低音と透明感のある伸びやかな高音。
全体的に非常にバランスが良い自然な音。
視聴した時以上に良い音に聞こえます。
前のシステムに比べて確実にワンランク上の音になった事を感じます。

ツイーターにはガイドホーンが付いていて指向性を高めているらしいのですが、サイドよりで聞いてみてもそれほど狭い感じはしませんね。

見た目的にも湾曲したケースとちょっと大きめのサイズ感がかっこいい。
ただ、サランネットを外すとホーンとコーンがちょっと地味・・

まぁ、とにかく大変良い買い物でした。
コスパは最高だと思います。
DALI ZENSOR1 or ZENSOR3 を検討されている方は多いと思うのですが、ぜひ NS-B330 も聞いてみてください。
自分のようにバッチリとはまるかもしれませんよ。

流行りのネットワークオーディオを導入してみた その1(Marantz M-CR611)

ONKYOのコンポ(スピーカーはタンノイの小さいの)をずっと使ってきましたが、そろそろCDピックアップが不安定になってきたので、思い切って買い換えました。

人気の「マランツ M-CR611」です。
個人的にはCDは不要かな〜、全部NAS経由のネットワークオーディオで良いかな?と思っていたのですが、妻がどうしても「CD有りのが良い!」ということでの選択です。

使ってみての感想は・・・
「便利!」

やっぱりNASに溜め込んだ膨大な曲を自由に選んで再生できるのは良いですね。
整理されていないCDラックからお目当のCDを探す苦労とはもうおさらばです。
※CDをせっせとリッピングする手間はかかってしまいますが・・

ネットワークオーディオは少しだけDLNAとかDMAとかの知識が必要なので、機械音痴な妻にはちょっと敷居が高いのですが、この機種はCDも直接再生できるので今まで通りに使えているようです。

肝心の音ですが、これは実際のところスピーカー次第ですよね。
自分の耳ではアンプの違いによる音の違いをきっちり評価できません。。
ただ、今まで使っていたMERCURY V1に接続して視聴すると、パワー感が全然違います。
実際に部屋で聴く音量では使うワット数は知れているはずですけど、それでもアタック感が全然違います。アンプのドライブ力に余裕があるのは大事ですね!
逆にいままでMERCURY君をもったいない聞き方で聞いていたんだな。とも思いました。

基本的に満足しているM-CR611ですが気になる点も色々と・・
・スマホアプリが不安定、ちょっと使いづらい
・有線接続でもネットワークへの接続が不安定な気がする
・起動が遅い

総じてソフトウエア的な部分が弱い気がします。
(特にアプリに関しては通信仕様を公開してくれれば、1、2週間ほどでもう少しマシなアプリが出回る気がしますw)

今後のファームウエア、スマホアプリのアップデートに期待です。
※スマホアプリは再生に限れば汎用的なDLNAコントローラー(DMCアプリ)が使えますのでお気に入りを探しましょう。

ちなみにNASはSynologyを使っています

追記.
「Marantz Hifi Remote」からNASの曲をDLNAで再生していたら途中で中断されてしまう問題が発生しました。
これについては 「OpenHome」 という規格を使って対応
DLNAで再生してたら途中で中断される問題!

Bluetoothイヤホン NuForce BE6i

NuForce BE6i

良い感じのBluetoothイヤホンが発売されましたね。
NuForce の BE6i
http://www.nuforce.jp/pdf/BE6i_info.pdf

スペック的には
– AAC/aptXに対応
– 再生時間 8h
– 軽量 19g
– 10mm径のドライバー
– 運動時でも対応できるイヤーウイング(BBXみたいなやつ)付き
– IPX5の防水性能
かなり良い感じ!

屋内でじっくり聞いても大丈夫な音質、Bluetoothのお手軽さ、スポーツにも対応という貴重なイヤホンとなっております。

ランニング時の専用機としてはベストでは無いかもしれませんが、普段使い+ランニング用としては最注目のイヤホン。

ちなみにNuForceとはカルフォルニアのオーディオブランド。
ナイスデザインでハイクオリティなオーディオ機器を世に送り出しまくっている今注目のブランドです。

macbook 12インチを3週間ほど使ってみた感想

USB端子がもう一つあったらなー・・と最初は思っていたのですが、これが意外と不便ではないことに気が付いちゃいました。

考えてみたらこれまで MacBook Pro に差していたケーブルとかUSB機器って・・
・電源ケーブル(magsafe)
・HDMIケーブル
・USBストレージ
・Lightningケーブル(→iPhone)
多くてもこれだけ。(しかもほとんどは電源とディスプレイだけ接続してる)
これらは全てusb-cにアダプタを一つ挿せば対応可能なのです。

こんなやつ

macbookを持ち出す際はこのアダプタをmacbookから引き抜いて終わり。
基本的にこのアダプタは必要な機器を接続したままお留守番です。
帰って作業の続きをする際にもアダプタを一つ挿すだけで準備完了!
すっごくシンプル!

MBPでは右から左からケーブルが何本も伸びていてちょっとカッコ悪かったのですが、macbookなら1本だけ!
さらにmacbookとアダプタの間に延長ケーブルを入れればよりスッキリとしたデスク周りになりますね。

毎回アダプタから全てのケーブルを抜いてアダプタごと持ち歩くのであれば確かに面倒かもしれないけど、実際にはそんな事はしないんだよね。
外出時にはUSB-C→USB-A変換アダプタを一つ持って行けばほとんどの場合は大丈夫だし、もし出先で外部ディスプレイを使いたいのであれば別途コンパクトなHDMI変換アダプタを用意しとけばいいし。

困るシチュエーションというのも希にあるとは思うんですけど、ほとんどの場合は問題無い気がするなー
このへんも使ってみて分かるアップル製品の良さって事かな?
モバイルバッテリーから充電出来るってのもステキなポイントです。

Macbook 12inch early 2016 ・・買っちゃった!

去年からずーっと欲しかった MacBook 12inch、とうとう買っちゃいました。
もちろん Early 2016 です。

グレードは凄く迷いましたが一番下の1.1GHz。
普段は MacBook Pro Retina(13inch)を使ってるので、サブ機として使う予定です。

実際使ってみるとXcodeでのビルド、Lightroomでの現像も自分が撮影するくらいの枚数ならスムーズです。
もちろんmbpと比べると確かに遅いのですが十分に実用的なレベルで動いてくれます。

使い始めて1週間で感じた良い点、悪い点
良い点

  • Ratinaディスプレイ
    凄く綺麗! 比率が16対10ってのも良いです。
  • トラックパッド
    擬似的にクリック感を出しているのですが、これが大変小気味好く使いやすいです。
  • 軽い!
    もっと軽いノートパソコンはもちろんあるのですが、それでもやはり軽いと感じます。
    mbp13と比べると全然違います。
    これくらい軽いと持ち運ぶのが苦になりませんね。

悪い点

  • やはりもう一つだけUSB-Cを付けてほしかった
    イヤホン端子はこの際いらない。
  • 重い処理はやはり苦手
    少し大きなscalaプロジェクトをビルドしようと思っているのであれば止めた方がいいです。
     (まぁ、macbook proでも重いのですけど。)

まだ1週間なので実際の使用感はこれからって感じですが、今の感想は「買ってよかった」です。

噂のUSB-Cポート
20160505_macbook1
ご存じのようにmacbookにはusb-cが一つだけ備わっています。
どうしようも無くなるかと思っていたのですが、意外となんとかなるものです。
そもそも普段使いではあまり使わないかも??
とはいってももう一つUSB-Cが付いていたら嬉しかったのは間違いないですね。
あと、差すのはスムーズなのですが、抜きにくいです。

これも噂の薄っすいキーボード
20160505_macbook2
確かに最初は違和感(薄さ、硬さ)がありますが、1週間もすれば全然問題なく打てます。
余り気にする必要は無いと思いますよ。

 

Macbook proと重ねてみましたが、やはり薄いです。
20160505_macbook3

  

今までmacbook proで行っていた作業を少しずつこの新マシンに移していこうと思っています。
この軽さを知ってしまったからには proは持ち運びたくなくなっちゃいました。

Amazonプライムの特典がもの凄くお得になってた!

少し前までのAmazonプライムって、まったく意味がわからない存在でしたよね!(失礼なw)
なんで年間3900円も払って、買い物せにゃならんのよ。。って。

「お急ぎ便」が無料って言われても、地方住まいには全く関係ありませんでしたし。
(どちらにしても1、2日はかかるので)

でも今、Amazonプライムは凄く”お得”なんです。

まずは、少し前までのプライム会員の特典をご紹介します。
これだけでも大変お得に感じる人もいらっしゃるかもしれませんね。

お急ぎ便が無料!お届け日の指定も無料!

お届け日の指定ってAmazonでは通常360円かかります。
家族と同居であれば指定せずとも受け取れますが、一人暮らしの場合には配送日時を指定したいですよね。
プライムでは、これが無料で指定できるようになります。
プライム会員は月で割ると1ヶ月325円なので、この日時指定を1回つかれば元が取れますね。
お急ぎ便も、都会であればメリットは大きいと思います。

この配送の特典は1契約で家族会員を2名まで登録できますので、家族も特典が受けられますよ。

タイムセールへの先行アクセス

Amazonはタイムセールをよく行っているのですが、プライム会員はそれに30分早くアクセスできます。
タイムセールにはかなりお得な商品もあったりしますが、人気でなかなか買えなかったりします。
人気商品に30分早くアクセスできるというのは、結構魅力的ですね。

Kindle本が毎月1冊無料で読める

Kindle端末を持っている人限定ですが、Kindleオーナーライブラリーで毎月1冊無料でKindle本を読める
私、毎月1冊は本を読みたいと思っているのですが、これもありがたいです。
今のペースでの読書ならずっと無料です(笑

ん?端末もってないって?
プライム会員であればこのFireタブレット端末が4900円で買えます!
Kindle以外にもWEBブラウジングやアプリも使えますので大変お得ですよ。
(ちなみにFireというのはAndroidをベースにしたAmazonのOSです)
 
 

ここまでは今までのプライム特典でしたが、最近は「プライムビデオ」と「プライムミュージック」という、ある意味反則的なサービスが受けられるようになっています。

プライムビデオ

Amazonビデオという動画サービスがあるのですが、この中の動画を見放題なのです!
(「プライム」って書いていある動画に限りますが)
自分がHuluを契約した理由の一つである「弱虫ペダル」も特典で見放題ですよ。

あ、あと伝説の自動車番組「トップギア」 のメンバー(ジェレミー、リチャード、ジェームスの悪ノリ3人集)がAmazonと契約してプライム向けの新番組を作っているそうです。
またブッ飛んだ番組をつくってくれるのではないでしょうか?

プライムミュージック

最近流行りの音楽配信サービスです。
会員であればPCでもスマホでも聴き放題です。

今までHulu(フールー) + AppleMusic を使っていましたが、私はこれらを退会してAmazonプライムに移行しました。
月に約2000円払っていたものが325円と激安です!(笑

なお、プライム会員には通常のプライム会員のほかに Amazonファミリー、Amazon Studentがあります。

プライム会員

年間3900円

これが普通のプライム会員、多くの人はこれでOK

 

Amazon Student

年間1900円

月額にすると158.33・・円!(ファー!笑
学生、、、お得すぎるだろ!
しかも6ヶ月もの無料期間もありますので、少しでも興味があったら是非試してみてください。
お得だと思いますよ!
※残念ながらStudentの無料期間中はプライムビデオ、ミュージックは使えないようです。